2016.12.31

急遽交代出場の1年生GK北村海チデイ 関東第一の選手権初勝利をたぐり寄せる

北村海チデイ
途中出場ながらチームの勝利に貢献した関東第一の1年生GK北村海チデイ [写真]=梅月智史
楽しみながら、うまくなろう! 足ワザのことならストライカーDX

取材・文=松尾祐希(提供:ストライカーデラックス編集部)

 初出場の関東第一が苦しみながらも1回戦突破を決めた。序盤から個人技を生かした野洲の攻勢に後手を踏む展開。後半に入っても流れを引き戻せず、後半10分過ぎには守護神の内野将大が負傷交代するアクシデントにも見舞われた。しかし、劣勢の中で関東第一は21分に千載一遇のチャンスをつかむ。途中からピッチに入った重田快がドリブルで仕掛けるとPKを獲得。これを主将の冨山大輔が冷静に沈めて勝利をたぐり寄せた。野洲は決定機を生かせなかったことが最後まで響いた。

 後半10分すぎだった。守護神の内野将大が接触プレーで左手を負傷。プレー続行が不可能となり、1年生GK北村海チデイが急遽ピッチに立つことになった。

 突然巡ってきた出番。GKという特殊なポジションで開幕戦特有の緊張感もあった。そして、彼は1年生。普通であれば萎縮したとしても不思議ではないが、「緊張しなかった。自分でも驚いたけど(笑)」というルーキーは全く動じなかった。冷静にプレーをすると終盤に迎えたCKでは思い切りの良い飛び出しでピンチを防ぎ、アディショナルタイムに放たれた野洲FW毛利大河の決定的なヘディングシュートも横っ飛びで失点を阻止。172センチながらナイジェリア人の父から譲り受けた類稀な身体能力を生かし、チームの勝利に大きく貢献した。

 開幕戦で輝きを放った北村だが、中学校時代はサブGKでほぼピッチに立った経験がなかった。その要因をチームのOBである田畑里央GKコーチは「止めて蹴ることができなかった」からだと話す。サッカーの基本技術が身についていなかったため、高校入学後は基礎練習からスタート。練習冒頭の50分に2人組で行うパス&コントロールを行い、地道にレベルアップを図ることとなった。そして、GKスキルも不足していたため、キャッチングやステップワークも徹底的に鍛錬。そのかいあって技術は向上し、Aチームでプレーするまでに成長を遂げた。

 今後の課題は恵まれた身体能力の生かし方を覚えることだ。特に小学校1年生でサッカーを始めるまではドッジボールが好きだったそうで、肩の強さがある。スローイングはハーフウェイライン手前まで届く飛距離を持っており、田畑GKコーチは「うまく活用できたら面白い」と話す。「1つ下の後輩だった横浜FCの渋谷(飛翔)もパントキックがストロングポイントではなかったけど、(逆にスローイングは)ハーフウェイラインまで投げることができていた」(田畑GKコーチ)という先輩のように、自らの武器をさらに磨くことができれば、さらなる活躍も夢ではない。正守護神の内野は今大会中の復帰は絶望的。今季の公式戦で1度しか起用されていないルーキーに出番が回ってくる可能性は高いだけに、2回戦以降も彼のプレーに要注目だ。

(試合後コメント)
【関東第一】
小野貴裕監督
ここ2日間の調整に関しては最悪を想定し、練習の人数をあえて12対11にして行ったりした。本当に環境が悪い中でやらせていたのですが、最低を想定した中で開幕戦は本当にそのとおりになってしまった。良いのか悪いのかはわからないですが、そこが(苦しくても)頑張れた要因なのかなと思います。選手に対してどうこうではないですが、純粋に内容に関しては全く満足していません。ただ、選手は頑張ってくれたと思う。

21番・北村海チデイ
コーチから楽しめと言われていましたし、ピッチに入ると先輩たちが優しい声掛けをしてくれたので、安心してプレーができたと思います。直後のゴールキックも落ち着いて蹴ることができました。

10番・冨山大輔
(急遽ピッチに入った北村には)「お前ならできる」「お前なら大丈夫」というポジティブな言葉をかけました。(本人は全然緊張しなかったと言っていたが?)あいつはそういうタイプなので(笑)。ちょっと人とずれている(笑)。ただ、彼はジャンプ力とかがすごかった。ビルドアップとかでミスをしていたのですが、セービングでは全然心配していなかったです。

【野洲】
長瀬慎吾監督
野洲のサッカーのスタイルやプライドは出すことができたと思います。ただ、攻撃の最後の部分では相手のプライドが上回り、崩すことができませんでした。

7番・高取誠隆
あれが選手権の怖さだと思う。細かくつないでいくことや、どんどん裏に抜け出すことはできていたと思うのですが……。決め切るところで決められなかったのがいけなかった。選手権は1年生から経験をしているのですが、どんどんしっかりやって、来年につなげていけるようにやっていきたいと思います。(個人では)良いプレーもできていたのですが、シュートをしっかりと決め切ることができていなかったと感じます。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
62pt
福岡
61pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る