2016.12.26

<選手権フォーカス>【藤枝明誠】王国復活なるか…攻撃サッカー体現する丹羽一陽に注目

丹羽一陽
藤枝明誠の司令塔・丹羽一陽 [写真]=吉田太郎
育成年代を中心に取材活動を展開。

 藤枝明誠は今年昇格したプリンスリーグ東海の開幕戦で、エースFW藤本一輝が前年優勝の静岡学園相手にSNSでも話題となるような4人抜きのスーパーゴール。いきなり王者に黒星をつけるなど、昇格1年目ながらも首位争いを演じて見せた。

 夏のインターハイ予選こそ準々決勝で苦杯を喫したものの、選手権予選では堂々の勝ち上がり。アビスパ福岡内定のGK山ノ井拓己を擁する静岡学園をはじめ、同じ藤枝市内に位置する名門・藤枝東や清水桜が丘、浜松開誠館など強豪が争った「王国」静岡の予選を制して7年ぶりとなる全国大会出場権を勝ち取った。

 静岡予選MVPの司令塔・MF丹羽一陽、MF田口滉太、MF山田晃平のトライアングルを中心にボールを支配し、最終ライン、GK秋山匠也を含めて長短のパスで相手を動かしてその守りを広げる。そして全国大会でブレイクの予感漂う注目エース・藤本、静岡県選抜のFW遠野大弥、FW西澤伸の3トップがその突破力を活かしてゴール方向へ切れ込み、相手ゴールをこじ開けていく。

 守備面ではやや不安を残すものの、攻撃力に関しては間違いなく全国トップクラス。一発のある藤本や遠野に注目が集まりがちだが、チームにとって欠かせない存在が名古屋グランパスU15出身の丹羽だ。「(元浦和レッズの松本安司)監督からも『ボールを大事にするサッカーを目指している』と言われている。ボクたちは距離とバランスだったり、信念を持ってパスサッカーを貫くこと」という司令塔が藤枝明誠の攻撃的なスタイルのサッカーをピッチの中央で体現している。

 長短のパスで攻撃を組み立てる一方、ドリブルでDF間に割って入っていける部分も強み。小さな身体を懸念する声に反発するように、「1年の時からひたすら磨いてきた」という1対1の強さが前へ、前へ仕掛ける藤枝明誠の攻撃をまた加速させている。「パス、ドリブルもシュートも自分がボール持ったら期待してほしい」と口にする王国代表の司令塔。2007年度に全国準優勝した藤枝東を最後に全国準決勝、ファイナル進出のない静岡を「復活させる」強い決意を持って全国に臨む。

取材・文=吉田太郎

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る