2016.12.14

関西大、インカレ準々決勝で涙…“全員サッカー”で戦い抜くも筑波大に惜敗

インカレ準々決勝は1点差で惜敗となった [写真]=関西大学体育会本部関大スポーツ編集局
高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

平成28年度 第65回全日本大学サッカー選手権大会 関西大学 1-2 筑波大学

文=水野真(関西大学体育会本部関大スポーツ編集局)

 勝てばインカレベスト4進出が決まる試合。2回戦から中1日の試合ということもあり、選手や応援のサッカー部員にもタイトなスケジュールであったが、関西大学はスローガンの『全員サッカーで日本一』を目指して筑波大学と対峙した。相手は関東大学リーグ2位の成績を残し、総理大臣杯にも出場している強豪校。攻撃力のあるチームで全国の舞台らしい厳しい試合が予想される。また、会場は昨年新設された人工芝の競技場。1回戦、2回戦と戦った天然芝の会場とはピッチ状況も変わった。2戦連続逆転勝利という勢いを失わず、勝利へと進みたい。

 前半開始40秒でFW加賀山泰毅がオーバーヘッドシュートを放つもこれは入らない。直後には相手FKから失点危機を迎えるがGK前川黛也が危なげなくキャッチ。8分には右サイドを攻め上がられるとゴールライン近くでクロスを出されるが、DF荒木隼人が弾き出し早々のピンチを切り抜ける。23分にはFKからMF藤村洋太が右サイドから放つボールはゴール前のMF石井光輝に。これをヘディングでゴールを狙うもバーの上へと流してしまう。5分後には相手にFKを与えてしまう。放たれたボールをMF塩谷仁とDF黒川圭介で守り抜き、関西大の堅守を見せつける。スコアレスドローで試合は後半へと折り返す。

 48分には相手FWにシュートを打たせてしまう。一度、ボールを落としてしまうもすかさずボールを保持し難を乗り切る。その3分後にはDF諸石健太から始まるカウンター。最後には竹下が相手DFを1人抜きシュートを放つもキーパーに軌道を変えられ枠内にははまらない。64分にはFW池内拓朗が途中出場。直後にはその池内がチャンスを作り出す。右サイドから藤村へとボールを出すとそのままシュート。惜しくも枠を捉えることができないがスタンドからは懸命な関西大の応援が鳴り響き、より一層選手たちを前へと向かわせる。しかし、筑波大の攻撃も強く約1分間ペナルティエリア周辺でパスを回される。これを守り切るも82分には関西大DF2人を抜かれ失点。87分にも追加点を献上し0-2。敗戦色濃厚となる中だったが、アディショナルタイムにMF布施周士が右サイドから出したループパスに中央にいた竹下が反応。ヘディングで流し込み、1点差へと詰め寄る。しかし、その後、攻撃のチャンスをなかなかつかむことができず、最後には再び布施からMF平尾柊人へとボールが渡りシュートを放つも枠外に。関西大の『日本一』を目指した2016年シーズンは浦安の地で終了を迎えた。

 試合終了後、紫紺の戦士たちが挨拶を終え、スタンドにいる同じサッカー部の仲間のもとに歩み寄るときに、スタンドからはチャント(応援歌)が歌われた。“関大賛歌”だ。関西大愛あふれるこの歌にはサッカー部伝統の『全員サッカー』を後世につないでいこうという気持ちも込められている。「感謝の気持ちを忘れずにピッチに立たなければならない」と石井主将が話したように、関西大サッカー部は多くの人に支えられていることを自覚し全員でこれからも試合に臨む。『全員サッカーで日本一』を目指して。

選手のコメントは関大スポーツのホームページ(http://kanspo.univ.nikkansports.com/?p=10612)に掲載しています。また、関大スポーツは関西大学の選手に独占インタビューを行い定期的にインターネットに掲載しております。その他にもTwitter(@kanspo)にて試合速報を行っています。ぜひ、ご覧ください!

写真=高橋良輔、西井奈帆(関西大学体育会本部関大スポーツ編集局)

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
59pt
福岡
55pt
名古屋
49pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
富山
35pt
沼津
34pt
Jリーグ順位をもっと見る