2016.12.12

慶應大、千葉内定DF溝渕雄志が先制弾も逆転負け…2回戦で姿消す

慶應大の今季の戦いが終了した [写真]=慶應スポーツ
高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

全日本大学サッカー選手権大会2回戦 慶應義塾大学 1-2 順天堂大学

文=吉田遼平(慶應スポーツ)

 全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)1回戦は四国学院大学を相手に4-0と快勝した慶應義塾大学。2回戦は関東大学リーグ4位でインカレ出場を決めた順天堂大学と激突した。試合は風上に立つ順天堂大に押し込まれる場面が目立ったが、前半終了間際に溝渕雄志のゴールで先制。しかし後半開始直後にFKから同点とされる。後半は一進一退の攻防が続いたが85分に逆転ゴールを許してしまう。その後反撃も及ばず3年連続となる慶應大の「日本一」への挑戦はここで終わってしまった。

 初戦に4-0と快勝した慶應大の先発メンバーはほぼ同じ布陣。負傷離脱を余儀なくされた“相棒”望月大知の背番号5を背負う溝渕がスタメンに復帰した。

 試合前のコイントス。宮地元貴主将は攻撃サイドを決める権利を獲得したが、あえて風下のサイドを選択。前半は相手の攻撃に耐え、無失点で抑えるゲームプランで試合に臨んだ。試合はやはり風上に立つ順天堂大が支配する。中盤での素早いプレスに苦しみ、慶應大はなかなかボールを前に進めることができない。15分に左サイドを崩され、クロスを上げられるなど順天堂大は細かいパス回しを中心に攻撃を仕掛ける。34分には順天堂大にミドルレンジから力強いシュートを放たれるが、ここは上田の素晴らしい反応で得点を許さない。ボールを持たれ続ける慶應大だったが36分に反撃に出る。

 渡辺夏彦が中央でボールを受け華麗にターン。ドリブルを仕掛けたところで倒され、良い位置でFKを得る。加瀬澤力が蹴ったボールに上手くマークを外し、フリーになった豊川功治が頭で折り返す。ゴール前で宮地が相手GKに競り勝ったがボールは惜しくもゴール上へと外れた。これを機に慶應大がボールを持つ時間が増え、我慢を続けた慶應大が先制点を奪う。44分に井上大のオーバーラップからCKを獲得。加瀬澤が蹴ったボールをGKが弾き、溝渕の元に。難しい態勢だったが溝渕の抑えのきいた鋭いシュートがゴール左隅に決まり、慶應大が少ないチャンスをものにして理想的な形で前半を折り返す。

 リードを守りたい慶應大だったが後半開始直後に同点ゴールを許してしまう。ゴール前中央でFKを与えるとこれを頭で合わせられる。ボールはゴールポストに当たり、上田がキャッチしたかのように見えたが判定はゴールイン。これに抗議した井上に警告が与えられた。気持ちを切り替え、勝ち越しゴールを奪いたい慶應大はすぐさま反撃に出る。52分に渡辺がドリブル突破から山本哲平へ。山本はオフサイドラインぎりぎりで抜け出すもシュートまでは持ち込めない。

 その直後には相手陣内で奪ったボールを加瀬澤がダイレクトでシュートを狙うがこれはゴール上へと外れた。対する順天堂大も前半と同様にパス回しから攻撃を狙う。58分にハイボールを慶應大陣内で収められ、最後は関東大学リーグ新人賞を受賞した旗手怜央がペナルティーエリア内からシュート。ヒヤリとしたがこれはゴール右へ外れた。攻守が目まぐるしく入れ替わる試合は、74分、カウンターから手塚朋克が持ち上がり、オーバーラップした溝渕に展開。溝渕からのパスを中央で渡辺がシュートを狙うが枠を捉えることはできなかった。

 逆に今度は順天堂大にゴール前までボールを運ばれ、最後はペナルティーエリア内で強烈なシュートを打たれるが上田がまたも素早い反応を見せゴールを許さない。この後のCKを頭で合わせられるなど、なんとか順天堂大の猛攻に耐えていた慶應大だったが85分に勝ち越しを許してしまう。左サイドを崩され、最後は中央でフリーで押し込まれ失点。嫌な時間帯で逆転を許してしまった。残り少ない時間で追いつきたい慶應大は87分に落合に代え、1回戦でゴールを奪った矢野峻寛を投入する。88分にFKからゴール前に上がった宮地が頭で落とし、混戦状態になったところから溝渕が粘り、渡辺にラストパス。しかし渡辺のシュートは大きく浮いてしまう。その直後にも豊川がゴール前にクロスを上げ、DFに弾かれたボールを溝渕が拾いシュートを狙うがわずかにゴール上へと外れた。前のめりになる慶應大はカウンターからGKと一対一の場面を作られるがここはまたしても上田のビッグセーブ。その後試合終了まで同点ゴールを目指した慶應大だったが順天堂大も粘りを見せ試合終了のホイッスル。「日本一」への夢は昨季と同じく2回戦で絶たれてしまった。

 3年連続での出場となった今回のインカレ。これを達成できたのは「黄金世代」とも呼ばれる4年生の力が大きい。4年生は今後、宮地主将や溝渕のようにプロの世界へ羽ばたく選手、一流企業で活躍する選手などそれぞれの道へ進む。「これからが本番の試合」。須田監督は4年生にそう伝えた。先輩の雄姿を見た後輩たちには今季成し得なかった「関東リーグ優勝」、「日本一」を部員全員で達成してほしい。

選手のコメントは慶應スポーツのホームページ(http://keispo.org/wordpress/?p=40878)で閲覧できます。またTwitter(@keispo2016)にて毎節試合速報をしておりますので、そちらもご利用ください!

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
31pt
福岡
29pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る