2016.11.10

NIKE MOST WANTED“日本代表”が鹿島の練習に特別参加…プロの厳しさを体感

昌子源
鹿島のトレーニングに特別参加した西尾(左)と白川(右)。昌子源(中央)らとともに汗を流した [写真]=NIKE
サッカー総合情報サイト

 世界で勝つために、特別強化トレーニングを続ける「NIKE MOST WANTED」の“日本代表”であるMF白川恵士朗(無所属)とMF西尾翼(東海大学)が8日、鹿島アントラーズのトレーニングに参加。本物のプロフットボーラーたちと汗を流し、プロの厳しさを体感した。

ナイキジャパン

「NIKE MOST WANTED」とは、若き才能を発掘することを目的とした世界規模のスカウトプロジェクト。「ジャパンファイナル」を勝ち抜いた両選手は、11月25日からイングランドのセント・ジョージズ・パークで行われる「グローバルファイナル」に日本代表として参加する。

 茨城県出身で、幼い頃から鹿島の試合を家族で観戦していた西尾は、「めっちゃ緊張していますけど、楽しみです」とソワソワした様子でピッチに姿を現した。一方の白川は「自分の長所は左足。それがプロの選手に通用すれば、自信にもつながると思うので、思い切ってやりたい」と気合十分。そんな2人を待ち受けていたのは、これまでに体験したことのないハードなトレーニングだった。

ナイキジャパン

 ランニングやボール回し、スプリントなど1時間程度のアップメニューが終わると、メインのトレーニングに移る。始まったのは5対5のミニゲームだ。ハーフコートよりやや小さいエリアで、攻撃側と守備側が目まぐるしく入れ替わる。練習の目的は、ゴール前の連係を強化し、フィニッシュを狙うこと。攻撃側は素早くボールを動かしながらゴールに迫り、守備側はそれを防ぐために前からプレスを掛け続ける。石井正忠監督からは「FWの動きを意識して、ボールを持ったらまず前を見ること。サイドからの攻撃も意識しよう」との指示が出る中、5対5のミニゲームは1時間にわたって延々と繰り返された。

ナイキジャパンナイキジャパン

 フィジカルの強さ、スピード、寄せの速さ……2人にとって、ハイレベルなプレーを「グローバルファイナル」前に経験できたのは非常に大きい。例えば、ブラジル人DFブエノとの対峙は、本番でライバルとなる外国人選手のパワーとスピードをシミュレーションするいい機会になったはずだ。「あのタックルはヤバいです。最初に当たった時、交通事故かと思いました(笑)。でも、これを経験して(グローバルファイナルに)行くのと、行かないとでは全然違うと思います」(西尾)。質の高いトレーニングが2人の成長を加速させていく。

「得点につながるパスを出せました。同じチームだった赤崎(秀平)選手や杉本(太郎)選手のプレーを近くで見れたので、参考にしたいです。杉本選手をはじめ、身長が高くない選手が『小さくてもやれる』と言ってくれて、大きな自信になりました」(西尾)

「自分が出したかったプレーを半分は出せました。見つかった課題がたくさんあるので、そこを修正して、本番はいい状態でできるように頑張りたい」(白川)

ナイキジャパン

 彼らのプレーを目にしたDF昌子源は、「2人に共通しているのは、1人で局面を打開することもできれば、ゲームを作ることもできる点。本当にレベルが高い」と絶賛。西尾に対しては、「太郎みたいに一瞬で懐に入ってくるような、どちらかと言うと僕が苦手なタイプかも(苦笑)。サッカーは一瞬で決まることが多い。特にゴール前はそう。だから、一瞬のスピード、動きを磨くといい」と、小柄な体格を生かした俊敏さを鍛えるようアドバイスを送った。白川については、「ファンタジスタ」と表現する。冷静沈着な19歳のレフティに、「試合中は無口で黙々とプレーしていて、(いい意味で)“見下す感”がある。そこが、僕の勝手なファンタジスタ像に当てはまっているんですけど(笑)。相手を誘って、誘って、ターンしたり、鋭いパスを入れている場面が何度かあった。格下に合わせるのではなく、自分のパスに(受け手を)ついてこさせるような、常に上のレベルを意識したプレーをしたらいい」と指南した。

 25日から行われる「グローバルファイナル」を勝ち抜くと「NIKE ACADEMY」に入る資格が与えられ、世界最高峰のトレーニング環境で指導を受けるチャンスを得られる。2人の若き“日本代表”は、今日の貴重な経験を世界での戦いにつなげるつもりだ。

Jリーグ順位ランキング

浦和レッズ
19pt
G大阪
15pt
神戸
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
東京V
18pt
横浜FC
17pt
名古屋
17pt
Jリーグ順位をもっと見る
福島
13pt
鹿児島
12pt
秋田
10pt
Jリーグ順位をもっと見る