2016.08.03

準優勝はスタート地点…“千葉ダービー”の雪辱を誓う流経大柏「絶対にリベンジする」

インターハイでの単独初優勝を目指した流経大柏だったが、準優勝に終わった [写真]=森田将義
育成年代を中心に取材を続けるサッカーライター

 インターハイのファイナルを飾ったのは市立船橋高校と流通経済大学付属柏高校の千葉ダービー。「同じ千葉県同士なので、負けられないという想いは強い。今日も試合前に『市船だけには負けられない』と話していた」(流経柏MF関大和)と激しく火花を散らす対決は今季すでに、高円宮杯U-18サッカーリーグ2016プレミアリーグEASTとインターハイ千葉予選決勝の2度で実施されており、結果は1勝1敗と肉薄している。

 今大会、体調不良のため静養中の本田裕一郎監督を欠いたまま決勝まで進み、3度目の対決に挑んだが、プロ注目のDF杉岡大暉、原輝綺ら足元の技術に長けた市立船橋に苦しむ。ここまで猛威を振るった前線からの鬼のようなプレスが前半は機能しきれず、攻撃も決定打を打てないまま時間が経過すると、前半終了間際の35+2分にFW村上弘有に先制点を決められてしまった。後半も流れが変わらないまま時間が進んだが、クーリング・ブレイク明けから攻撃のギアを一気に全開まで入れると、後方からのロングボールが効果的に機能。前線で競り合ったこぼれを2列目が高い位置で回収し、“人が湧き出る”という表現がしっくりくるほど、次々に後方から選手が飛び出し、市立船橋ゴールに襲い掛かった。また、MF菊地泰智のFKとCK、MF宮坂昴輝のロングスローという飛び道具から何度も見せ場を作ったが、「チャンスで決めきれない課題が出てしまった」(関)と追いつくことができずにタイムアップを迎えた。

 準優勝という結果に終わったが、榎本雅大監督代行が「今回は手応えがあった。後半の試合展開はハーフコートゲームに持ち込めたので、後はタッチの差。80点くらいのゲームは必ずできるようになったので、あとは90点、100点まで上げていかないといけない」と表現したように、確かな手応えをつかむには十分な大会であったことは間違いない。選手たちも全力を出しきっても頂点に届かなかった現実を受け止めており、関は「ちょっとの差かもしれないけど、最後の部分で大きな差になっている。それが失点にもつながっていると思うので、ここからまたこだわって練習と試合に挑んでいきたい」と口にする。

 今季、再戦するのは残り2回。プレミアリーグEASTの後期と、今度は全国行きの1枚の切符をかけた全国高校サッカー選手権大会千葉県予選だ。関が「もう一回も負けたくない。残り2回は勝ち切れるようにレベルアップしないといけない」と話せば、榎本監督代行も「まだ俺じゃ(市立船橋を倒すのは)早かった。今度は本田先生を連れてきて、絶対にリベンジしようと思っている」と続ける。準優勝は終わりではなく、スタート地点。残り2回はわずかな差を埋めて、流経大柏が歓喜に湧くつもりだ。

文=森田将義

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る