2016.06.19

流経大柏、2年連続13回目のインハイ出場が決定…古谷三国らの得点で暁星国際に勝利

流経大柏は苦戦しながらも暁星国際を下した [写真]=平柳麻衣
高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

 19日、平成28年度千葉県高校総体サッカーの部準決勝が行われ、流通経済大学付属柏高校と暁星国際高校が対戦した。

 前半は流経大柏がFW中村翼にボールを集めてチャンスを作り出すも、暁星国際の体を張った守備を前にゴールをこじ開けることができない。18分にCKから中村がヘディングシュートを放つもわずかに枠の上へ。35分には左サイドからのクロスに中央で中村が合わせたが、暁星国際DF降籏光星が体でブロック。スコアレスのまま前半を折り返した。

 後半開始からさらに攻勢に出た流経大柏は52分、ようやく均衡を破る。近藤立都が左サイドからロングスローを入れると、ペナルティーエリア内での混戦の中、最後は途中出場の古谷三国が豪快に蹴り込み、先制に成功する。

 56分には中村がPKを決めて流経大柏がリードを2点に広げる。その後は暁星国際に押し込まれる場面もあったが、GK薄井覇斗を中心に集中力の高い守備を最後まで貫き、2-0で勝利。2年連続13回目のインターハイ出場を決めた。

【スコア】
流経大柏 2-0 暁星国際

【得点者】
1-0 古谷三国(流経大柏)
2-1 中村翼(流経大柏)


Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る