2016.06.04

前半だけで4ゴールの東京国際大、2部暫定首位浮上…拓殖大を撃破

安東輝
先制ゴールを決めて笑顔の東京国際大MF安東輝(左) [写真]=内藤悠史
高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

 JR東日本カップ2016 第90回関東大学サッカーリーグ戦2部 第10節が4日に行われ、古河市立古河サッカー場の第二試合では拓殖大学と東京国際大学が対戦した。

 拓殖大は9試合を終えて2勝2分け5敗、勝ち点8で11位に沈んでいる。開幕5連敗と厳しいスタートとなったが、最近4試合は負けなしと調子は上向きだ。前節は東海大学に5-0と大勝。勢いに乗って連勝を目指したい。対する東京国際大は9試合を終えて6勝2分け1敗、勝ち点20で2位。首位の中央大学と同勝ち点で並んでいる。前節は神奈川大学との上位対決で競り勝った。昇格争いをリードしていくためにも、しっかりと勝ち点3を掴みたい一戦だ。

 前半は東京国際大のゴールラッシュとなった。まずは10分、MF安東輝がペナルティーエリア左角付近から鮮やかなボレーシュート。縦回転のかかったボールがゴールに突き刺さり、先制点を奪った。さらに15分にはセットプレーからDF辻川裕介が追加点。リードを2点に広げて主導権を握った。

 東京国際大は以降も攻勢をかけて拓殖大を押し込んでいく。23分には鋭い動き出しで最終ラインの背後へ抜け出したFW町田ブライトが冷静に流し込んで3点目。前半終了間際には左サイドからのクロスに反応した町田がファーサイドから蹴り込み、グラウンダーのシュートをゴール左隅へ届けた。町田が2ゴールを挙げ、東京国際大が前半を4-0で終えた。

 4点ビハインドを負った拓殖大は後半開始時からFW小野瀬恵亮を投入。すると48分、出場間もない小野瀬がペナルティーエリア左側から右足シュートでニアサイドを射抜き、ゴールネットを揺らした。拓殖大は1点を返した勢いに乗って攻勢をかけたが、2点目を奪うことはできず。試合は次第に拮抗した展開となった。

 追加点を目指す東京国際大はFW進昂平が決定機を迎えたが、強烈なシュートは相手GKのファインセーブに阻まれ、5点目とはならなかった。拓殖大は反撃を試みたものの、後半開始早々の1点にとどまった。

 試合は4-1で終了。前半に4ゴールを挙げた東京国際大が勝利を収め、勝ち点を23に伸ばして暫定首位に立った。なお、前節終了時点で首位の中央大は5日に神奈川大学と対戦する。

 前期日程は次節で終了。拓殖大は11日に青山学院大学緑ヶ丘グラウンドの第一試合で明治学院大学と対戦。東京国際大は同日、東京国際大学坂戸キャンパス第1サッカー場の第一試合で東京学芸大と対戦する。

【スコア】
拓殖大学 1-4 東京国際大学

【得点者】
0-1 10分 安東輝(東京国際大学)
0-2 14分 辻川裕介(東京国際大学)
0-3 23分 町田ブライト(東京国際大学)
0-4 43分 町田ブライト(東京国際大学)
1-4 48分 小野瀬恵亮(拓殖大学)

取材・文=内藤悠史

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る