2016.05.14

1年生MF原岡翼が劇的決勝弾…2年ぶりの“茨城対決”は流通経済大に軍配、筑波大撃破

劇的勝利を喜ぶ流通経済大の選手たち [写真]=内藤悠史
サッカー総合情報サイト

 JR東日本カップ2016 第90回関東大学サッカーリーグ戦1部 第7節が14日に行われ、龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールドの第二試合では流通経済大学と筑波大学が対戦した。

 第6節を終えて3勝2分け1敗、前節終了時点で首位に立った筑波大。上位4チームが勝ち点11で並ぶ大混戦を抜け出すためにも、2年ぶりの“茨城ダービー”を制してさらに勢いに乗っていきたい。対する流通経済大は前節、順天堂大学に1-4と大敗。悪い流れを断ち切る契機としたい一戦だ。

 リーグ戦では2014年以来となる“茨城ダービー”。両チームの集中応援日に指定され、試合前には流通経済大のチアリーディング部(GLITTERS)がパフォーマンスを披露するなど、会場は盛り上がりを見せた。晴天の下で始まった一戦は互いに拮抗した展開に。激しいボディコンタクトの応酬となり、決定機が生まれないまま推移していった。

 流通経済大は左サイドハーフのMF小池裕太が最終ラインの背後へ飛び出してゴールを狙うが、シュートまで持ち込むことができない。31分にはFWジャーメイン良がペナルティーエリア手前でのボールキープからシュートコースを作り出し、右足を一閃。強烈なミドルシュートは枠を捉えたが、筑波大GK森本泰介のファインセーブに阻まれ、ゴールネットを揺らすことはできなかった。前半は0-0で終了した。

 スコアレスで迎えた後半は筑波大が攻勢をかける。開始早々にはFW中野誠也が左サイド深くで起点となり、右サイドへ展開した後にこぼれ球へ反応。ペナルティーエリア左側から左足シュートを放ったが、GK正面を突いた。さらに60分には左CKからMF吉田直矢がヘディングシュートを放ったものの、クロスバーを直撃。均衡を破ることはできなかった。

 前半よりもゴール前での場面は増えたものの、決め手に欠いた両チーム。筑波大は途中出場のMF三苫薫が独特のリズムでドリブルを仕掛けてアクセントとなったが、ゴールにつながる仕事をすることはできず。後半アディショナルタイムにはDF会津雄生が決定的なミドルシュートを放ったものの、流通経済大GKオビ・パウエルオビンナのビッグセーブで得点とはならなかった。

 このまま0-0で終了かと思われた後半アディショナルタイムに劇的な決勝ゴールが生まれた。90+4分、流通経済大MF原岡翼がペナルティーエリア左角から強烈な左足シュートを放ち、ゴール右隅へ決めた。途中出場の1年生、背番号24が大仕事をやってのけ、流通経済大が勝利を収めた。

 リーグ戦では2年ぶりの“茨城ダービー”を制した流通経済大は、3勝1分け3敗で勝ち点10に。次節は22日、栃木県グリーンスタジアムの第一試合で専修大と対戦する。3勝2分け2敗となった筑波大は22日、同会場の第二試合で桐蔭横浜大と対戦する。

【スコア】
流通経済大学 1-0 筑波大学

【得点者】
1-0 90+4分 原岡翼(流通経済大学)

取材・文=内藤悠史

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る