2016.05.04

東洋大、エース仙頭啓矢がハットトリック…東京学芸大に5発快勝

仙頭はハットトリックの大活躍 [写真]=スポーツ東洋
高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

文=藤井圭(スポーツ東洋)

 前節、第90回関東大学サッカーリーグ戦2部リーグで今季初勝利を収めた東洋大学は、東京学芸大学を相手に圧巻のゴールラッシュを披露した。今季最多の5得点を奪い快勝。決定力不足に悩んでいたチームに、明るい兆しが見えた。

 決してすべてがうまくいったわけではない。「先制点を与えずに先手を取れるように」と古川毅監督は選手を送り出すも、2分に失点を喫してしまう。「ずっと課題としているところ」と仙頭啓矢は立ちあがりの悪さを悔やんだ。早い時間帯からビハインドを負ったが、10分に「狙っていた」と仙頭がCKで蹴ったボールは、直接ゴールネットに吸い込まれ同点に追いつく。その2分後には得点の勢いそのままに、田中舟汰郎が中央から右の仙頭へラストパスを出すと、相手GKとの一対一を確実に決めて逆転する。2得点を奪った仙頭は前半終了間際、ボールを受けに低い位置まで降りてくると、一気に両サイドの選手へ展開するなど神出鬼没に顔を出した。「型にはまるプレーはしたくない」と仙頭は語り、監督も「彼のひらめきが、今日のゲームの中で効果的であった」と称賛した。

 42分には、前節ハットトリックの活躍を見せた佐藤仁紀の2試合連続ゴールで東京学芸大を突き放す。後半早々に1点差に詰められるも、64分には高橋宏季が右へ振ると、坂元達裕が中央へ折り返して、逆サイドから走り込んできた田中がネットを揺らす。田中は待望の今季初得点。そしてゴールラッシュを締めくくったのはエースの3点目だった。前線の選手が多く絡み、最後に決めたのは仙頭。「(GKの)逆を打ったら反応できないと思った」と冷静に左隅へ流し込み、ハットトリックを達成。そこには勝てない時期には見られなかった、ゴール前でゆとりのあるプレーが見られた。得点力不足に苦しんだ前線は5得点を奪い、水を得た魚のように躍動した。監督は前節の佐藤の活躍を要因に挙げた上で「仙頭が取ることによって、またフリーな選手が生まれてくる」と前線の相乗効果を期待した。

 次戦の相手、拓殖大学は5人の守備を並べてスペースを消すサッカーをする。昨年の後期リーグ戦では得点を奪うことができず黒星を喫した相手に「また難しい相手が待っている」と監督は身を引き締めた。今節は圧勝を果たしたものの「まだまだ上位とは勝ち点が足りない」と仙頭は次を見据える。開幕から出遅れただけに、1部昇格のためには得点を奪い続けて勝ち点3へとつなげる。

選手のコメントはスポーツ東洋のホームページ(http://sports-toyo.com/news/detail/id/4061)をご覧ください!

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る