2016.04.24

法政大が連敗脱出…ディサロ、川崎雅哉の得点で国士舘大に快勝

ゴールを喜ぶ法政大の選手たち [写真]=渡辺拓海(スポーツ法政新聞会)
高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

文=宮下尚子(スポーツ法政新聞会)

 前節、慶應義塾大学に敗れ2連敗となった法政大学はJR東日本カップ2016 第90回関東大学サッカーリーグ戦1部第4節で国士館大学と対戦。何とか巻き返しを図ろうと大西遼太郎、川崎雅哉をスタメン起用。一方、国士舘大は今まで1勝1分1敗と五分の成績で勝ち点を少しでも積み上げたいところだ。

 前節、試合開始直後に失点した法政大は集中力を高めてこの試合に臨んだ。9分、ディサロ燦シルヴァーノが中盤でボールをキープ。一度は相手DFにボールを奪われるもすぐにボールを奪い返しシュートを放つ。このシュートがゴール右上の絶妙なコースに飛び、先制に成功する。その直後、左サイドの永戸勝也からのボールを受けた、今季初スタメンの川崎が冷静にゴール。わずか1分足らずで2得点を挙げる。16分には国士大がFKを得るも、GK関口亮助がナイスセーブを見せる。23分、武藤友樹がドリブルでサイドを駆けあがり、追加点を狙うがこれは国士舘大GK奥津亮哉の正面。その後、国士館大の大石竜平や信末悠太に攻められるが、法政大3バックがその前に立ちはだかる。法政大は我慢する時間帯が続くが、徐々にペースを取り戻し左サイドの永戸を起点として攻め上がる。その後もロングパスを使い追加点を狙うが決めきれず、前半は法政大が2点リードして折り返す。

 後半に入り50分。CKを獲得した法政大は、永戸の正確なキックを柳沢拓希が合わせるが惜しくもポスト直撃。左サイドから永戸、上田慧亮、武藤がパスをつなぎ、最後は大西が強烈なミドルシュートを放つも奥津がわずかに触れ、ゴールネットを揺らすことはできない。62分にも上田のドリブルからディサロにわたり、最後は中央の黒柳駿がシュート。しかし、またもや奥津がファインセーブ。68分には法政大のCKから高さのある山田が頭で合わせるもわずかにコースを外してしまう。両チーム選手交代をし、法政大は青柳燎汰と玉田晃太郎を投入。83分、法政大の永戸からのFKに途中出場の玉田がニアで合わせるも、枠外へ。あと一歩のところで得点できない法政大は、最後の切り札として紺野和也を入れるも、追加点を奪えず2-0で試合終了。法政大が前半に奪った2点を守りきり、開幕節以来の勝利を収めた。

 連敗から見事に脱し、完封勝利を収めた法大。目標の優勝には、負けられない戦いが続く。ここから連勝を目指して。法政大サッカー部の挑戦は続いていく。

選手、監督のコメントは、スポーツ法政新聞会HP(http://sports-hosei.net/)をご覧ください!

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る