2016.04.17

初出場の1年生FW氣田亮真が同点弾…専修大が筑波大と引き分け

専修大FW氣田亮真(42番)が同点ゴールを決めた [写真]=内藤悠史
高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

 JR東日本カップ2016 第90回関東大学サッカーリーグ戦1部 第3節が17日に行われた。

 味の素フィールド西が丘の第一試合では、専修大学と筑波大学が対戦した。専修大は開幕節で駒澤大に1-0と完封勝利を収めたが、第2節では桐蔭横浜大に1-3と完敗。連敗を避けるためにも重要な一戦を迎えた。対する筑波大は開幕節で法政大に0-2と敗れたものの、第2節では流通経済大に3-1と快勝し、1部復帰後初勝利を掴んだ。

 強風が吹き荒れる中、キックオフを迎えた。両チームとも立ち上がりから積極的に攻勢をかけ、ゴール前に迫る。8分には筑波大のFW中野誠也がペナルティーエリア右側でチャンスを迎えたが、強烈なシュートは右ポストに阻まれた。一方の専修大も、オーバーラップしていたDF小口大貴がペナルティーエリアに入って左足シュートで狙ったものの、枠の左へと逸れた。

 スコアレスで前半が終了し、雨風が強まる中で迎えた後半。均衡を破ったのは筑波大だった。開始早々の47分、野口航が2試合連続となるゴールを決めて先制に成功した。

 ビハインドを負った専修大だが、途中出場のMF佐藤遵樹がスピードに乗った突破でアクセントとなり、ボールポゼッション率を高めて反撃に出る。攻勢を強める中、同点ゴールは84分に生まれた。右サイドの背後を抜け出した佐藤がグラウンダーのクロスを供給し、ファーサイドに詰めていたFW氣田亮真が押し込み、ゴールネットを揺らした。今シーズン初先発初出場を果たした1年生FWが期待に応えてみせた。

 試合は1-1で終了。勝ち点1を分け合う結果に終わった。両チームとも3試合を終えて1勝1分け1敗、勝ち点4となっている。専修大は次節、23日に龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールドで順天堂大と対戦。筑波大は次節、23日に川口市青木町公園総合運動場で明治大と対戦する。

【スコア】
専修大学 1-1 筑波大学

【得点者】
0-1 47分 野口航(筑波大学)
1-1 84分 氣田亮真(専修大学)

取材・文=内藤悠史

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る