2016.04.11

前田雅文氏率いる関西大、得点奪えず立命館大に惜敗…開幕戦は黒星スタート

関西大FW池内(19番)が何度もチャンスを演出 [写真]=川﨑恵莉子
高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

 2016年度 第94回 関西学生サッカーリーグの初戦は、昨季のインカレ(アパマンショップPresents 平成27年度第64回全日本大学サッカー選手権大会)出場を阻まれた立命館大学をヤンマースタジアム長居に迎え入れてのゲームとなった。昨年の悔しさを晴らすべく、また、全国へ向けての第一歩として幸先の良いスタートを切りたい関西大学。

 4分には相手ゴールまで果敢な攻めを見せた。ペナルティーエリアから出たボールをDF塩谷仁が戻し、MF布施周士が左サイドからシュートを放つ。しかし、相手GKの手中へと入り、先制とはならない。その後、関西大は立命館大の4回のゴールチャンスを防ぐ。守備陣を突破される寸前まで攻められることが多いが、耐えしのいだ。30分にはFW池内拓郎のCKからのチャンスを生かせず、その1分後のMF清永丈瑠のシュートもゴール左へと逸れた。37分には立命館大がペナルティエリア外から高く上げたボールを頭で合わせられ失点。0-1と追う展開となった。

 後半に2得点を奪い勝利へと結びつけたい関西大は、得点重視の布陣へと徐々に変化していく。15分にはDF飯塚郁仁が駆けあがり、ゴール前のFW加賀山泰毅へパスを出すが、タイミング合わずにシュートできない。23分には加賀山が池内にパスを出し、ゴールへとボールを送ろうとするものの、これはゴール右側へと流れる。終盤にはMF平尾柊人が右サイドのライン際を30m駆け上がるなど魅せる場面もあった。

 しかし、結果は0-1の敗戦。選手、スタッフ、応援が一体となる試合にはなったものの、完全には歯車がかみ合わなかった。全員が今日の敗因を考え、次節に向けて各自が何をすべきかを考えていきたい。

文=水野真(関西大学体育会本部関大スポーツ編集局)

選手のコメントは関大スポーツのホームページ(http://kanspo.univ.nikkansports.com/?p=3878)に掲載しています。また、関大スポーツは関西大学の選手に独占インタビューを行い定期的にインターネットに掲載しております。その他にもTwitter(@kanspo)にて試合速報を行っています。ぜひ、ご覧ください!

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
28pt
横浜FC
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る