2015.08.02

ユース教授のインターハイ1回戦全試合プレビュー vol.1

2年ぶりの出場となる強豪の流通経済大柏

文・写真=安藤隆人

 夏の風物詩、インターハイが迫ってきた。1回戦は8月3日に23試合を実施。開幕を控え、“ユース教授” 安藤隆人氏が初戦全試合の見どころを紹介する。

■四日市中央工 vs 和歌山北
U-18日本代表のMF森島司、FW小林颯の四中工が誇るホットラインを、和歌山北ディフェンス陣がどう分断するかがポイントとなる。ヒントは三重県予選決勝にあり、津工業はこのラインをCBとボランチが連動して蓋をした。最終的には森島にこじ開けられたが、四中工を苦しめた。ボール奪取能力に長けた、和歌山北のボランチ・川井悠希の出来が、この試合のポイントになりそうだ。ここがはまれば、MF西泰星、FW通阪瑞輝のアタッカー陣が繰り出す、強烈カウンターで勝機を見いだせるはず。

------------------------------------
■秋田商業 vs 岐阜工業
熊谷利紀と鷲見享秀のダブルボランチは共にドリブラー。運動量が豊富で、ボールを奪うと、そのまま高速ドリブルでカウンターを発動する。曽根由輝と竹下晃太郎のツートップもドリブラーのため、ボランチのドリブルに連動し、そのまま陸路でゴールまで繋げていく。岐阜工に敗れたチームは皆、この「地上カウンター」の餌食となっていただけに、秋田商はいかにこのカウンターを発動させないかがポイントだ。秋田商は守るというより、「攻め勝つ」戦いをしてくるだろう。1年生の時からのレギュラー・MF青山和樹、MF山本隼、FW加賀谷昴貴という強力アタッカー陣が今年の武器であるため、この試合はアタック合戦となりそうだ。

------------------------------------
■日大藤沢 vs 鵬翔
1回戦屈指の好カードの一つだ。日大藤沢は昨年度の選手権ベスト4のメンバーが守備陣に残り、堅守を見せる一方、アタッカー陣も調子を上げてきている。FW住吉ジェラニレーションの身体能力、トップ下の興膳和希の豊富な運動量と突破力。この個性派ツートップに、左の蛭田悠弥と右の矢後佳也の強烈な両サイドアタッカーが絡み、分厚い攻撃を展開。それに対し、鵬翔も総合力では負けてはいない。CB田原翼、ボランチの高妻優二朗を軸にした守備は堅く、アタッカー陣もエースの西川隼人を軸に、スピーディーな攻撃を展開。注目はU-15日本代表の1年生FW宇津元伸弥がどのタイミングで投入されるか。シュートセンスが光る彼のアクセントが、この試合でどう影響を及ぼすのか。ここも注目だ。

------------------------------------
■明秀日立 vs 履正社
総合力では履正社が優位に立つ。関西きってのタレント集団は、田中駿汰と川畑隼人の180センチオーバーのダブルボランチ、トップ下の技巧派・牧野寛太、屈強なFW菅原大空と、強烈な個性を放つアタッカー陣が、バリエーション溢れる崩しを見せる。明秀日立はこの多彩なアタックをどう凌ぎきれるか。石川慶人と江本光のCBコンビは、上背は無いが、クレバーさと強さを持っており、彼らが束ねるDFラインが、どこまで機能し、矢継ぎ早に裏へと飛び出して来る履正社のアタッカーを捕まえきれるか。ここが勝敗の分かれ道となる。

------------------------------------
■高松南 vs 流通経済大柏
プレミアリーグイーストでは苦戦を強いられているが、流通経済大柏の力は全国レベルであることには間違いない。春先は攻撃陣の構築に苦心し、本田裕一郎監督も試行錯誤の日々が続いた。だが、ここに来て、FW兼田晏音睦、ドリブラーの松本雅也など、アタッカー陣のタレントが台頭してきており、全国仕様のチームになってきた。26年ぶりの出場となる高松南にとっては、いきなりの大物との対戦となったが、3バックの一角を形成する青柳大地と中山知亮は中学時代からコンビを組む間柄で、彼らのコンビネーションを軸にした守備で、相手の強力アタッカー陣に挑む。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
48pt
FC東京
40pt
川崎F
39pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る