2015.04.23

ユニバーシアード代表入りへ…端山と呉屋がアピール弾/全日本大学選抜合宿

全日本大学選抜
22日に強化試合を行った全日本大学選抜 [写真]=兼子愼一郎

文=濱野陽子

 全日本大学選抜は22日、味の素フィールド西が丘で、7月に韓国・光州で開催されるユニバーシアード競技大会に向けたメンバー最終選考を兼ね、ブリオベッカ浦安(関東1部)との強化試合(30分×4本)を行った。

 全日本大学選抜は、1本目(0-1)と3本目(1-0)は4-2-3-1、2本目(0-0)と4本目(1-0)は4-4-2という布陣で試合に臨んだ。1、2本目は初選出を含め、招集経験の少ない選手を中心に構成。3、4本目はチーム結成当初から長く選出されている選手を中心に構成された。

 1本目はコンビネーション不足が目立ち決定機が作れず、チームの良さも個人の良さも出せないまま終了。2本目は攻撃シーンが増えたものの、全体的に前がかりになるために、最終ラインの裏を取られる場面が目立った。3本目は全体的にバランスが取れていて、特に重広卓也(阪南大)と松下佳貴(阪南大)のダブルボランチを起点にチャンスを作り出す場面が多々見られた。またトップ下の端山豪(慶應義塾大)と1トップの澤上竜二(大阪体育大)のポジションチェンジや連係もハマり、端山が今試合におけるチームの初ゴールをマークした。

 4本目ではこの日初出場の福島春樹(専修大)のコーチングの声がピッチに響きわたる。選手の雰囲気も引き締まり、全日本大学選抜が優位に試合を進めた。また、全体的に選手同士の連係もスムーズになり、松下を中心に前線へ次々とボールを供給。25分に八久保颯(阪南大)のパスを受けた呉屋大翔(関西学院大)が冷静に合わせてゴールを記録。ただし、攻撃が機能した一方で、守備では2本目と同様に裏を取られるシーンも見られ、2トップの長所と短所が浮かびあがった試合となった。

 各地域リーグ戦から中2日での試合だったこともあり、全体的に動きが重く、全日本大学選抜は本来の実力を発揮できなかった。しかしその中でもしっかりと特徴を出し、ポテンシャルの片りんを見せた選手もいた。ユニバーシアード代表の最終メンバー登録の期限は5月1日。今回メディカルチェックを受けた27名の中から20名が選ばれることとなる。

【1本目メンバー】
全日本大学選抜 0-1 ブリオベッカ浦安

GK 永石拓海(2年・福岡大学)
DF 山田将之(3年・法政大学)
DF 新井一耀(4年・順天堂大学)
DF 田上大地(4年・流通経済大学)
DF 奥山政幸(4年・早稲田大学)
MF 差波優人(4年・明治大学)
MF 重広卓也(2年・阪南大学)
MF 茂平 (4年・立命館大学 )
MF 端山豪(4年・慶應義塾大学)
MF 中村慶太(4年・流通経済大学)
FW 岡佳樹(3年・桃山学院大学)

【2本目メンバー】
全日本大学選抜 0-0 ブリオベッカ浦安

GK 永石拓海(2年・福岡大学)
DF 室屋成(3年・明治大学)
DF 山田将之(3年・法政大学)
DF 田上大地(4年・流通経済大学)
DF 高橋諒(4年・明治大学)
MF 茂平 (4年・立命館大学)
MF 木本恭生(4年・福岡大学)
MF 差波優人(4年・明治大学)
MF 中村慶太(4年・流通経済大学)
FW 岡佳樹(3年・桃山学院大学)
FW 呉屋大翔(4年・関西学院大学)

【3本目メンバー】
全日本大学選抜 1-0 ブリオベッカ浦安
得点者:端山豪(23分)

GK 前川黛也(3年・関西大学)
DF 室屋成(3年・明治大学)
DF 新井一耀(4年・順天堂大学)
DF 萩間大樹(4年・専修大学)
DF 高橋諒(4年・明治大学)
MF 和泉竜司(4年・明治大学)
MF 松下佳貴(4年・阪南大学)
MF 重広卓也(2年・阪南大学)
MF 小林成豪(4年・関西学院大学)
MF 端山豪(4年・慶應義塾大学)
FW 澤上竜二(4年・大阪体育大学)

【4本目メンバー】
全日本大学選抜 1-0 ブリオベッカ浦安
得点者:呉屋大翔(25分)

GK 福島春樹(4年・専修大学)
DF 奥山政幸(4年・早稲田大学)
DF 伊池翼※(3年・明治大学)
DF 萩間大樹(4年・専修大学)
DF 菊池創太※(2年・明治大学)
MF 八久保颯(4年・阪南大学)
MF 木本恭生(4年・福岡大学)
MF 松下佳貴(4年・阪南大学)
MF 小林成豪(4年・関西学院大学)
FW 呉屋大翔(4年・関西学院大学)
FW 澤上竜二(4年・大阪体育大学)
※トレーニングパートナー

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
28pt
町田
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る