2015.04.22

慶應義塾大、DF“復帰”の宮地元貴が同点弾「本気でタイトルを獲る」/関東大学リーグ

宮地元貴
ヒーローインタビューに応じる宮地元貴 [写真]=平柳麻衣
サッカーキング編集部

文=平柳麻衣

 JR東日本カップ2015第89回関東大学サッカーリーグ戦1部リーグ第4節が、18日に各地で開催。フクダ電子アリーナで行われた第2試合では、3位の順天堂大学と2位の慶應義塾大学による上位対決が実現した。

 1点ビハインドで迎えた後半、慶應義塾大にとっては、まさに指揮官の狙い通りの展開となった。ハーフタイム中に須田芳正監督から「相手の5番(新井一耀/4年・清水商業高校出身)と8番(新里涼/2年・横浜F・マリノスユース出身)にボールを入れさせないようにして、4番(矢部純也/3年・本庄第一高校出身)に持たせてセンターバックと中盤で縦パスを狙おう」と指示が送られると、この修正が見事に的中。リードを許した前半とは一転し、後半は慶應義塾大が主導権を握った。

「順天堂大は後ろからビルドアップもできるし、ロングボールもある。なおかつ今年は中盤でボールを動かすようになったので、非常に良いチーム」と称えながらも、須田監督としては、“してやったり”だっただろう。立て続けにチャンスを作ると、58分にCKから同点に追いつく。その後、勝ち越し点を奪うまでには至らなかったが、2試合連続でビハインドから追いつき、勝ち点1を拾った。

 慶應義塾大を救うゴールを奪ったのは、今季からDFに“復帰”した宮地元貴(3年・東京ヴェルディユース出身)。元々DFが本職だったが、昨季はFWへのコンバートを直訴し新境地で修行を積んだ。17試合で4得点という結果に加えて、「相手(FW)がどういう動きをするのか、FWをやる前よりも分かるようになって判断力が上がった」と大きな収穫を得ると、今季は再びセンターバックとしてプレー。今節で早くも2得点を挙げ、攻守両面に渡ってチームを牽引している。

 宮地がDFに戻った経緯には、「これからプロになるだけでなく、世界で活躍するために、自分のストロングポイントを一番生かせるのはどこか考えた」という強い覚悟があった。だからこそ、失点数には人一倍のこだわりを持つ。試合後には同試合のベストプレーヤーに選出されたが、「得点よりも失点(の原因)を突き詰めていきたい」と、反省の言葉が口をついた。

 今季の慶應義塾大は、昨季から築き上げてきた堅守速攻に加え、高い技術を持つMF端山豪(4年・東京Vユース出身)やMF渡辺夏彦(2年・國學院久我山高校出身)らを中心とした主体的な攻撃を展開。試合の流れに応じた細かなパスワークや、前線から積極的なプレスなど、昨季まではあまり見られなかったプレーが、開幕から4戦負けなしという結果にもつながっている。

 しかし、宮地は「本気で関東リーグを獲ることを目指す中で、この2戦はもったいなかった」と上を見据える。次節の相手は最下位に沈む専修大。ここまで2分け2敗と勝利に飢えているリーグ王者との対決は、タイトル争いに挑む慶應義塾大の「本気度」が試される一戦となるだろう。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
山口
38pt
大分
37pt
町田
35pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
27pt
沼津
24pt
鳥取
24pt
Jリーグ順位をもっと見る