FOLLOW US

広島ユースが履正社退け白星発進、G大阪は名古屋に完勝/プレミアWEST第1節

2種登録される広島ユースのFW加藤陸次樹がハットトリックの活躍 [写真]=森田将義

文=森田将義

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2015プレミアリーグWEST(http://www.jfa.jp/match/prince_takamado_trophy_u18_2015/premier_2015/)が11日に開幕。第1節2日目となった12日には大阪・万博記念競技場で2試合が行われた。

 第1試合は昨季、勝ち点1差で優勝を逃したガンバ大阪ユースと、前期を首位で折り返したものの4位でフィニッシュした名古屋グランパスU18が対戦した。開幕戦の緊張と暑さもあり、序盤こそともに堅さが見られたが、名古屋の高田哲也監督が「ガンバは個々の能力がしっかりしているので、プレッシャーがかかっても慌てない。うちは意図した守備が全部後手を踏んでいた」と振り返ったように、次第に市丸瑞希、岩本和希のダブルボランチを中心にボールを広く動かしたG大阪に流れが傾いた。

 26分には左CKのこぼれ球を拾ったMF岩本和希がミドルシュートを狙ったがクロスバーに直撃。こぼれ球を拾ったMF食野亮太郎がすかさずゴールを狙ったが、懸命に戻ったDF吹ヶ徳喜にクリアされてしまう。名古屋もFW森晃太の個人技で好機を作ったが、スコアを動かせないまま前半を終えた。

 後半からは、ハーフタイムに梅津博徳監督に「お前らなら、もっと出来る」とゲキを飛ばされたG大阪がペースを握る。49分に自らが得たPKをFW高木彰人が決めて先制すると、71分にはFW武田太一のシュートのこぼれ球を食野が押し込み加点。以降は途中出場選手が2得点を奪い、試合を決定づけた。名古屋もMF深堀隼平のゴールで意地を見せたが、4-1でG大阪が勝利した。

 続いて行われたのは今季からプレミアリーグに昇格した履正社高校が、2011年から2連覇した経験を持つサンフレッチェ広島ユースに挑んだ。立ち上がりこそ、履正社がMF牧野寛太らスペースを効果的に狙ったが、「失点してもおかしくない場面が何回もあったけど、GKを含めた守備陣が最後のところで踏ん張ってくれた」(沢田謙太郎監督)という広島の守備を崩せず。さらには中盤のフィルター役となっていたMF小川達也が負傷離脱したことで試合の潮目が変わると、36分には右CKをFW加藤陸次樹が頭で合わせて広島が先制に成功。続く、39分にも1点目と同じく「お互いに分かり合っている」(加藤陸)という双子の兄・威吹樹の左足キックを再び頭で叩き込んだ。

 後半も流れは変わらず58分には1年生MF満田誠がゴールを奪うと、68分には加藤陸が「開幕戦はハットトリックしたいと話していた」という意気込み通りの一発をお見舞い。履正社も70分にはハンドから得たPKと、86分に生まれたMF田中駿太の豪快なミドルシュートで2点を返したが、「最後は意地を見せられたと思うけど、最初からやらなければダメだった」と牧野が嘆いたように勝敗を覆すには至らなかった。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA