FOLLOW US

王者専修大は流経大とドロー…3得点の慶應大が首位発進/関東大学リーグ

専修大は開幕節で流通経済大との一戦に臨んだ [写真]=平柳麻衣

 JR東日本カップ2015 第89回関東大学サッカーリーグ戦が4日、5日に開幕した。

 4日に味の素フィールド西が丘で行われたオープニングゲームでは、昨季リーグ2位の明治大学と同3位の順天堂大学が対戦。先に試合を動かしたのは、元日本代表の堀池巧氏が監督に就任したばかりの順天堂大。9分、ゴール前で新里涼(2年・横浜F・マリノスユース出身)からのラストパスを受けた長谷川竜也(4年・静岡学園高校出身)が押し込み、先制する。

 立ち上がりは動きが悪かった明治大が反撃に出たのは33分。右サイドに飛び出した道渕諒平(3年・ベガルタ仙台ユース出身)がシュート気味の低いボールをゴール方向へ送ると、最後は藤本佳希(4年・済美高校出身)が押し込み、1-1で前半を終える。

 後半、またしても先に得点を奪ったのは順天堂大。57分、ペナルティーエリアの外でボールを持った原田鉄平(2年・静岡学園高校出身)が目の覚めるような一撃を突き刺し、再びリードを奪う。

 選手交代で攻勢に出た明治大は63分、CKからのボールを途中出場の木戸皓貴(2年・東福岡高校出身)が強烈なミドルシュート。これで試合を振り出しに戻すと、70分にはFKの流れから、最後は明治大のエース和泉竜司(4年・市立船橋高校出身)がゴール左隅へ冷静にゴール。このまま試合は終了し、3-2で明治大が開幕戦を白星で飾った。

 同会場の第二試合では、現在リーグ4連覇中の専修大学と昨季全国二冠の流通経済大学が激突した。先制点を決めたのは、流通経済大の森永卓(2年・流通経済大付属柏高校出身)。西谷和希(4年・鹿島学園高校出身)からのボールを右足でシュートし、1点リードで試合を折り返す。

 試合の主導権を握りながら、なかなか得点を奪えずにいた専修大だったが、63分、ようやくスコアを動かす。中村駿介(3年・浦和レッズユース出身)からのCKを、公式戦初出場の岡亘哉(3年・専修大学附属高校出身)がニアで合わせ同点に追いつく。

 その後も専修大は流通経済大ゴールに迫ったが、流通経済大のキャプテン、GK中島宏海(4年・筑陽学園高校出身)の好セーブに阻まれ、追加点は生まれず。1-1のドローに終わった。

 また、5日にShonan BMWスタジアム平塚で行われた試合で、慶應義塾大学が今季1部に昇格した法政大学を3-0で下し、首位スタートを切っている。

 関東大学1部リーグ第1節の結果および順位表は以下のとおり。

明治大 3-2 順天堂大
専修大 1-1 流通経済大
駒澤大 2-1 桐蔭横浜大
早稲田大 1-0国士舘大
慶應義塾大 3-0 法政大
中央大 1-1 神奈川大

1位:慶應義塾大学(勝ち点3/得失点差3)
2位:明治大学(勝ち点3/得失点差1)
3位:駒澤大学(勝ち点3/得失点差1)
4位:早稲田大学(勝ち点3/得失点差1)
5位:専修大学(勝ち点1/得失点差0)
6位:中央大学(勝ち点1/得失点差0)
7位:流通経済大学(勝ち点1/得失点差0)
8位:神奈川大学(勝ち点1/得失点差0)
9位:順天堂大学(勝ち点0/得失点差-1)
10位:桐蔭横浜大学(勝ち点0/得失点差-1)
11位:国士舘大学(勝ち点0/得失点差-1)
12位:法政大学(勝ち点0/得失点差-3)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA