2015.03.25

悔しさバネに成長遂げる桐光学園FW小川航基【ユース教授注目選手(1)】/JYPSL

小川航基
桐光学園3年のFW小川航基(右) [写真]=兼子愼一郎

 1月17日~8月18日の期間で行われている「ジャパンユース プーマ スーパーリーグ(JYPSL)」は、将来を担うユース年代の選手たちを対象に、独自のリーグ戦を行うことでより一層の強化・育成を図ることを目的としており、クラブユースや有力校が多数参加する大会となっている。

文=安藤隆人

 神奈川県の桐光学園に在籍する3年生のFW小川航基は、1年時から最前線に君臨し、ポストプレーからフィニッシュまで幅広く役割を果たすストライカーだ。しかし、昨年は度重なるひざの負傷に苦しみ、思うようにプレーできなかった。

「あの悔しさが今の自分を動かしています。迷惑をかけた分、今年は1年を通じてコンスタントに結果を残したい」

 並々ならぬ決意で臨む今年、けがの間に筋トレに励み、今も練習後は筋トレで体を鍛えあげている。今年のチームのテーマも、『攻守の切り替えの早さと球際の強さ』。前線で体を張るだけでなく、ディフェンス面でも厳しいチェイシングで貢献できるようになった。あとはゴールを量産するのみ。高円宮杯U-18プリンスリーグ開幕に向けて、JYPSLで磨いた牙を剥く準備はできている。

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
藤枝
9pt
C大23
7pt
北九州
6pt
Jリーグ順位をもっと見る