2015.01.12

ようやく奪った意地のゴール実らずも…前橋育英FW渡邊凌磨、未来への一撃

渡邊凌磨
一時、逆転となるゴールを決め、叫ぶ渡邊凌磨(左端) [写真]=瀬藤尚美

 高校選手権決勝、くすぶっていた前橋育英のエース・渡邊凌磨がついに意地を見せた。1-1の同点で迎えた55分、DF渡辺星夢の左サイドからのパスを同サイドで受けると、ペナルティーエリア内で鋭く切り返し、対峙したDFを振り切った瞬間、「コースが見えた」と右足で巻くように、強烈にボールを叩いた。鋭く回転の掛かったボールは、星稜GK坂口璃久の伸ばした指の先を通過し、ゴール右サイドネットに突き刺さった。

 観客の度肝を抜く、ビューティフルゴール。待望の今大会初ゴールは決勝での逆転弾となった。

 だが、エースの一撃でチームは一気に波に乗り…、とはいかなかった。その後、渡邊は積極果敢にシュートを放ったがゴールには至らず、チームは同点に追いつかれ、延長戦の末に2-4の敗退。勝利のヒーローになることは出来なかった。

「悔しいですが、あのゴールは凄く重要なものだった」

 当然、優勝できなかったことは悔しい。しかし、それ以上にもがき苦しみながら、最後の最後で決めた1本のシュートは、彼のサッカー人生において非常に大きな意味を持つものになった。

 今大会の彼は決して調子が悪い訳ではなかった。ボールコントロールは、どの試合もピッチにいる22人の中で一番うまかった。初戦と3回戦、準々決勝はいずれも正確なキックで決勝点をアシスト。準決勝、決勝でもプレーの質は高く、シュートはほとんどがゴールの枠を捉えていた。

「シュートを打っているのに点が入らない。正直、ネガティブになっています」

 準決勝の後、本音をつぶやいた。だが、ネガティブになる要素は一つもなかった。なぜならば、プレーの質は高く、シュートは確実に枠を捉えていた。これがほとんど枠外であれば、ネガティブになるべきだが、枠を捉えるシュートが打てていれば、いつか必ず入る。そう伝えると最後は「そうですね、ここでポジティブにいかないと、入るものも入らないですからね」と笑顔を見せた。そして、決勝で生まれたゴール。

「入らないことを引きずるのではなく、ゴールを狙い続ければ、必ず結果が出るはず。ポジティブになれた」自分のやるべきこと、シュートを狙い続ける意識を持ち続け、真摯にプレーに打ち込めば、必ず結果は出る。たったの1ゴールかもしれないが、重要な一撃だった。

「ここで得た自信と悔しさを次に繋げたい。(進路の)早稲田大では1年からバリバリのレギュラーで出て、インカレや総理大臣杯で優勝したい」敗れ去りしエースの表情は決意に満ちていた。たかが1点、されど1点。このゴールを胸に刻み、決勝戦の舞台から新たなスタートを切った。

文=安藤隆人

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
町田
61pt
松本
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る