2015.01.03

履正社が2大会連続ベスト8進出…鮮やか5得点で中津東に逆転勝利

林大地
2得点を挙げた林大地 [写真]=鷹羽康博

 第93回全国高校サッカー選手権大会の3回戦が3日に各地で行われ、浦和駒場スタジアムでは大阪府代表の履正社と大分県代表の中津東が対戦した。

 2回戦から登場した履正社は前日の大会初戦で北海道代表の大谷室蘭にPK戦の末に勝利。一方の中津東は1回戦で青森県代表の青森山田にPK戦、2回戦は奈良県代表の郡山に勝利して3回戦へ進出してきた。

 試合は20分に動く。中津東の山本隼斗が左サイドを突破すると深い位置からのマイナスパスをニアサイドの松浪竜希がスルー。後ろに走り込んでいた松永一輝が蹴り込んで、先制する。

 しかし履正社も27分、左サイドからのスローインをロングスローで再開すると、ゴール前へのボールは一旦DFにヘディングでクリアされたが、こぼれ球をペナルティエリア外、正面やや左から田中駿汰が右足でダイレクトボレー。これがゴール右上へ決まり、同点とする。

 1-1で試合を折り返すと後半立ち上がりの44分、左CKを獲得した履正社はショートコーナーから多田将希がクロスを送ると、林大地がヘディングで合わせて逆転に成功する。53分にはCKからクリアされたボールを拾った小川達也がゴール前までロングフィード。林がヘディングで鮮やかに合わせて、履正社がリードを広げる。

 止まらない履正社は62分、パス交換でピッチ中央を崩すと田中のラストパスを受けた小川明がペナルティエリアやや外からGKの頭上を越えるループシュートを決め、チーム4点目を獲得。試合終了間際には途中出場の角野光志朗が同じく途中出場の田上翔太とのワンツーから加点し、履正社が5-1で勝利した。

 前回大会初出場でベスト8へ進出した履正社は2大会連続の準々決勝進出。5日に石川県代表の星稜と対戦する。

【スコア】
履正社 5-1 中津東

【得点者】
0-1 20分 松永一輝(中津東)
1-1 27分 田中駿汰(履正社)
2-1 44分 林大地(履正社)
3-1 53分 林大地(履正社)
4-1 62分 小川明(履正社)
5-1 80+4分 角野光志朗(履正社)

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る