2015.01.03

高沢が値千金の決勝弾…流通経済大柏、水橋に競り勝って8強進出

高沢優也
ヘディングで決勝弾を決めた流通経済大柏の高沢優也(9番) [写真]=内藤悠史

 第93回全国高校サッカー選手権大会の三回戦が3日にフクダ電子アリーナで行われ、第一試合では富山代表の水橋と千葉代表の流通経済大柏が対戦した。

 二回戦から登場し、明徳義塾(高知代表)を2-1で破って三回戦に進出した水橋と、1回戦から2試合連続でPK戦を制した流通経済大柏の一戦。立ち上がりは拮抗した展開で、静かな内容となった。ゴール前での場面が増え始めたのは20分ごろから。21分、水橋がセットプレーからクロスバー直撃のチャンスを作ると、24分には流通経済大柏の渋谷峻二郎がペナルティーエリア右側からシュート。枠を捉えたが、カバーに戻った相手DFにブロックされた。

 以降も流通経済大柏は決定機を作り出し、28分には高沢優也の右足シュートが右ポストを直撃。32分にも、右サイドから渋谷が上げたクロスに高沢が反応してフリーでヘディングシュートを放ったが、枠の右に外れた。前半は均衡が破られることなく、スコアレスで終了した。

 後半に入っても、流通経済大柏が数多くのチャンスを演出。まずは44分、右サイドからのクロスにニアで反応した福井崇志が右足で合わせたが、枠の右へ外れる。51分には、右サイドからのFKから小川諒也が打点の高いヘディングシュートを放ったものの、GK村澤壮太に好セーブに阻まれた。以降も攻め込む流通経済大柏は、64分に福井がペナルティーエリア左手前から右足でカーブをかけてゴール左隅を狙ったが、またもGK村澤に弾き出され、ゴールネットを揺らすことができなかった。

 均衡が破られたのは、76分だった。決勝点を挙げたのは流通経済大柏。右CKを小川が蹴り込むと、中央で反応した高沢がヘディングシュートを決め、ついにスコアが動いた。

 試合は1-0で終了。終了間際の決勝点で、流通経済大柏が水橋に競り勝った。流通経済大柏は5日に行われる準々決勝で、福島代表の尚志と島根代表の立正大淞南との勝者と対戦する。

【スコア】
水橋 0-1 流通経済大柏

【得点者】
0-1 76分 高沢優也(流通経済大柏)

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る