FOLLOW US

前回8強に導いた守護神が今大会もPKストップ…履正社が3回戦進出

PK戦を制した履正社のGK安川(右) [写真]=大澤智子

 第93回全国高校サッカー選手権大会の2回戦が各地で2日に開催され、NACK5スタジアム大宮では北海道代表の大谷室蘭と大阪府代表の履正社が対戦した。

 試合は立ち上がり、大谷室蘭がペースをつかむと8分には中島洸がペナルティエリア内左で放ったシュートが履正社GK安川魁のセーブを強いる。しかし試合は時間の経過とともに履正社ペースに。25分、左サイドをパスで崩すと縦パスをエリア内で菅原大空が落としたところを牧野寛太がミドルレンジから狙うがクロスバーを越える。

 前半終了直前、大谷室蘭は左サイドでFKを得ると、クリアのこぼれ球をフリーの新田裕平がシュートしたが、DFがブロックしてネットは揺れず。前半はスコアレスで終える。

 後半に入り55分、大谷室蘭は左からのパスをペナルティエリア内正面やや右で受けた松井勇弥にチャンスが訪れたが、シュートは枠を捉えられなかった。65分、履正社は後半途中から投入された瀧本高志がペナルティエリア内左の角度のない位置からゴール右隅を狙ったが、GK引間雄大が弾き出した。直後にも牧野のシュートが大谷室蘭ゴールを捉えるが。引間の守備範囲だった。

 75分には大谷室蘭がカウンターからチャンスを得たが、平塚悠知のラストパスを受けた新田のエリア内右からのシュートは枠を大きく外れた。試合は結局0-0のままPK戦による決着となる。

 PK戦では前回大会の3回戦でPKを2本ストップし、チームをベスト8に導いた履正社GK安川が大谷室蘭の2人目、池高慧悟のシュートをストップ。履正社はキッカー5人が全員決め、5-3で勝利した。

 3日に行われる3回戦では大分県代表の中津東と対戦する。

【スコア】
大谷室蘭 0-0(PK3-5) 履正社

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO