FOLLOW US

第23回高校女子サッカー選手権出場校紹介「鎮西学院/柳ヶ浦/宮崎日大/神戸第一」

高校女子サッカー選手権に出場する鎮西学院(左上)、柳ヶ浦(右上)、宮崎日大(左下)、神戸第一(右下)

 第23回全日本高等学校女子サッカー選手権大会が、2015年1月3日(土)から11日(日)まで、兵庫県を舞台に開催される。大会は32チームによるノックアウト方式で行われ、女子高校生の日本一を決定する。

 参加出場校をチームのコメントとともに紹介する。

■鎮西学院高校(九州2/長崎)
“CHINZEI RHYTHM”
小さいパスをつなぎ、ゴールに迫るサッカー。全国を舞台に、臆することなく勇敢に戦います。

■柳ヶ浦高校(九州3/大分)
3年連続3回目の出場となります。ポゼッションをベースに、縦に速い攻撃と堅実な守備をチームコンセプトにしたサッカーが目標です。一戦一戦、全力で戦います。

■宮崎日本大学高校(九州4/宮崎)
創部3年目のチームであり、最初の集大成の年です。部員22名(3年生9名、2年生5名、1年生8名)で活動中で、「気持ちとボールをつなぐパスサッカー」をベースとしています。全国大会では見ている人の心を動かすようなパスサッカーを目指します。3年生は負けたら最後になるので、1戦でも多く共に闘いたいです。目標は初戦突破です。

■神戸第一高校(開催県/兵庫)
1、2年生のみのチームですが、どのチームにも負けない「根性」で全国大会の舞台を思いきり楽しみ、サッカーだけではなく、人として成長できるように大会に臨みます。最後まで諦めず、第一らしくチーム一丸となって頑張ります。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO