2014.12.18

同地区対決は関西学院大に軍配…劇的逆転で阪南大撃破、初のインカレ決勝進出

池田優真
逆転弾を挙げた関西学院大MF池田優真(左) [写真]=内藤悠史

 第63回全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)準決勝が18日に味の素フィールド西が丘で開催。第1試合では、関西学院大学(関西第3代表)と阪南大学(関西第1代表)が対戦した。

 ともに初の決勝進出を目指し、関西勢同士が激突した準決勝。準々決勝から中1日という厳しい日程で迎えた一戦は、開始早々にスコアが動いた。2分、阪南大の左CKからゴール前で混戦となり、最後はファーサイドのMF松下佳貴(3年・松山工業高校出身)がこぼれ球を拾って鮮やかな左足シュートを沈め、早々とゴールネットを揺らした。

 電光石火の先制点で勢いづく阪南大は、以降も攻勢をかける。22分にはMF多木理音(4年・ヴィッセル神戸U-18出身)が左サイドから鋭いカットインを見せ、右足ミドルシュート。GK村下将悟(3年・東海大附属仰星高校出身)が弾き出したものの、ゴールを脅かした。

 1回戦から登場している関西学院大は、8日間で4試合目という過酷な状況。1点ビハインドを負って劣勢を強いられていたが、前半終了間際にチャンスを作り出す。42分、右サイドで得たFKをDF井筒陸也(3年・初芝橋本高校出身)がゴール前へ蹴り込むと、ファーサイドで待っていたDF福森直也(4年・金光大阪高校出身、大分トリニータ新加入内定)がトラップから反転してシュート。わずかに枠を越え、同点とはならなかった。前半は1-0で終了した。

 後半も開始早々にチャンスを作ったのは阪南大だった。ペナルティーエリア右側に進入したFW金村賢志郎(4年・愛媛FCユース出身)が強烈なシュートを放ったが、枠の上へ外れた。阪南大は関西学院大にゴール前へ迫られる場面もあったが、両サイドを広く使った攻撃で追加点を狙っていく。68分には右サイドからMF多木が折り返したところにFW河田篤秀(4年・阪南大高校出身)が飛び込んでボールの軌道を変えたが、GK村上がしっかりとキャッチした。

 阪南大が2点目の予感を漂わせる中、次の1点は関西学院大が挙げた。72分、FW呉屋大翔(3年・流通経済大附属柏高校出身)がワンチャンスをモノにして、1-1の同点に追いついた。終了間際には阪南大がセットプレーから決定機を作り出したが、2点目は生まれない。

 1-1のまま延長戦へ突入するかと思われた87分、関西学院大が逆転弾を奪う。最終ラインの背後に抜け出したMF池田優真(3年・作陽高校出身)がGK大西将(3年・阪南大高校出身)との1対1を冷静に制し、左足シュートでゴールネットを揺らした。

 試合は2-1で終了。関西学院大が劇的な逆転で阪南大を破り、18回目の出場で初の決勝進出を決めた。21日の決勝では、びわこ成蹊スポーツ大と流通経済大の勝者と対戦する。

【スコア】
関西学院大 2-1 阪南大

【得点者】
0-1 14分 松下佳貴(阪南大)
1-1 72分 呉屋大翔(関西学院大)
2-1 87分 池田優真(関西学院大)

(取材・文=内藤悠史)

 準決勝第2試合と決勝の日程は以下の通り。

▼準決勝第2試合日程(18日開催)
びわこ成蹊スポーツ大vs流通経済大(味の素フィールド西が丘、13時30分開始)

▼決勝日程(21日開催)
(びわこ成蹊スポーツ大vs流通経済大の勝者)vs関西学院大(味の素フィールド西が丘、11時開始)

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
町田
61pt
松本
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る