2014.11.03

早稲田大を破った明治大が首位浮上…3連勝の中央大は降格圏脱出/関東大学リーグ

 関東大学1部リーグ第20節が1日、2日に各地で開催された。

 中央大学多摩キャンパスサッカー場で行われた2日の第2試合では、2位明治大と4位早稲田大が対戦。25分に明治大がFW和泉竜司(3年・市立船橋高校出身)のゴールで先制すると、74分にも和泉が追加点。早稲田大は81分にDF金沢拓真(3年・横浜F・マリノスユース出身)が1点返すにとどまり、2-1で明治大が勝利した。また、フクダ電子アリーナで行われた2日の第1試合で、首位の順天堂大が国士舘大と0-0で引き分けたため、明治大が首位に浮上した。

 古河市立古河サッカー場で開催された1日の第1試合では、9位の桐蔭横浜大と10位の筑波大が対戦した。7分、桐蔭横浜大がFW坪井秀斗(4年・習志野高校出身)の得点で先制。59分に川崎フロンターレ加入内定DF車屋紳太郎(4年・熊本県立大津高校出身)のヘディングシュートで筑波大が同点に追いつくも、72分、桐蔭横浜大のルーキーFW鈴木国友(1年・相洋高校出身)が勝ち越しゴールを決め、2-1で競り勝った。
 
 11位と降格圏内に沈む中央大は、中央大学多摩キャンパスサッカー場で行われた2日の第1試合で、7位の駒澤大と対戦。72分に退場者を出し数的不利になったものの、前半にFW古橋匡梧(2年・興國高校出身)が挙げた先制点を守り抜き、3連勝を飾った。この結果、中央大は10位の筑波大を勝ち点で抜き、降格圏を脱出した。

 関東大学1部リーグ第20節の結果および順位表は以下のとおり。同リーグは2回戦総当たり方式で開催され、後期日程は11月16日まで行われる。

桐蔭横浜大2-1筑波大
流通経済大3-0東京国際大
順天堂大0-0国士舘大
駒澤大0-1中央大
専修大3-2慶應義塾大
早稲田大1-2明治大

1位:明治大学(勝ち点43/得失点差+18)
2位:順天堂大学(勝ち点42/得失点差+18)
3位:専修大学(勝ち点41/得失点差+25)
4位:早稲田大学(勝ち点35/得失点差+9)
5位:国士舘大学(勝ち点29/得失点差+4)
6位:慶應義塾大学(勝ち点28/得失点差+1)
7位:駒澤大学(勝ち点27/得失点差-8)
8位:流通経済大学(勝ち点23/得失点差-6)
9位:桐蔭横浜大学(勝ち点19/得失点差-16)
10位:中央大学(勝ち点17/得失点差-17)
11位:筑波大学(勝ち点15/得失点差-13)
12位:東京国際大学(勝ち点13/得失点差-15)

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る