2014.08.06

九州ライバル校対決は鹿実が追撃するも4得点の東福岡の前に屈する

インターハイ2014
先制点を演出した東福岡の増山朝陽(中央) [写真]=川端暁彦

 平成26年度全国高等学校総合体育大会サッカー(男子)の準々決勝が6日に行われ、鹿児島実業(鹿児島)と東福岡(福岡)が対戦した。

 過去に幾多の名勝負を繰り広げた東福岡高校と鹿児島実業高校。因縁深い九州のライバル校がインターハイ準々決勝という勝負所で激突した。

 手の内を知り尽くしているチーム同士の対戦だけに静かな立ち上がりとなるかとも思われたが、赤い彗星・東福岡は鹿児島実のスキを見逃さなかった。開始2分、MF赤木翼のクロスをMF増山朝陽がヘッドで繋ぎ、最後はMF中村健人が頭で巧みに流し込んで先制点を奪い取る。これで流れをつかんだ東福岡は12分にも増山のクロスが逆サイドに流れたところを、赤木が折り返す。結果として左右に大きく揺さぶられることになった鹿児島実守備陣はこれで崩され、FW木藤舜介が頭で決めて、2-0。試合の主導権を握った。

 劣勢の鹿児島実も28分にFW前田翔吾が溜めて出したパスをMF大迫柊斗が叩き込んで1点差に追いすがったが、その直後に再び東福岡。増山のクロスを木藤が流し込んで、3-1。差を再び2点に広げて後半につなげた。

 このままでは終われない鹿児島実も後半に入って前への圧力を強める。後半22分にはMF井上黎生人のサイドチェンジを大迫が戻し、DF鮫島大が縦への絶妙なパス。これを斜めに走ってマークを外していた交代出場MF渡邊大地がワンタッチシュートで流し込んで、再び1点差。だがまたもこの直後だった。25分、DF末永巧の折り返しに中村が突っ込んだこぼれ球を交代出場のMF永田大樹がプッシュ。またしてもリードを2点に広げて、ほぼ勝負あり。このまま4-2で逃げ切った東福岡が準決勝進出を決めた。

 東福岡は7日に、準決勝で青森山田(青森)と対戦する。

(取材・文=川端暁彦)

【スコア】
鹿児島実業(鹿児島)2-4 東福岡(福岡)

【得点者】
0-1 中村健人(東福岡)
0-2 木藤舜介(東福岡)
1-2 大迫柊斗(鹿児島実業)
1-3 木藤舜介(東福岡)
2-3 渡邊大地(鹿児島実業)
2-4 永田大樹(東福岡)

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る