FOLLOW US

高岡第一がビッグサプライズでインハイへ、1GのFW原田「僕の速いプレスは相手が怯む」

したたかなプレスからゴールを奪った原田正暁【写真】=安藤隆人

 8日時点の中でインターハイ予選最大の番狂わせが起きた。このサプライズの主役となったのが、高岡第一だ。準決勝で昨年度の選手権王者であり、3年連続で高円宮杯プレミアリーグに所属する富山第一を2-1で下すと、決勝では富山県において、富山第一と双璧をなす水橋も2-1で勝ち、夏冬を通じて初の優勝、初の全国を手にした。

 水橋との決勝戦、最前線で何度も何度もプレスを仕掛けては、果敢に裏に抜け出し、献身的かつ積極的なプレーを見せる一人の選手がいた。4-2-3-1を敷く高岡第一の2年生ストライカー・原田正暁だ。

「スピードには自信があります。僕の速さでプレスを掛けたら相手も怯むと思うので、積極的にやっています」

 こう語る原田だが、原田のプレスは単なるプレスではない。勢いに任せて、ボールホルダーに襲い掛かっていくのではなく、わざと相手を離したり、チェックに行かないふりを見せるなど、相手に余裕があるような雰囲気を作り出しておいてから、トラップする瞬間を狙って、死角から飛び込んでいく。

「なるべく相手に気づかれないようにポジション取りをしています。トラップの際をいつも狙っていて、奪った瞬間にトップスピードに乗れるように加速しながら奪いに行きます」

 常に試合や練習の中でも磨いていたこの動きが、決勝で一気に輝きを放った。23分、前線に立つ原田を目がけて、GK天野裕二がパントキックを放つ。ボールが長いとみるや、すぐに『受ける姿勢』ではなく、『奪う姿勢』に切り替える。

 そして、相手DFがトラップした瞬間、死角から『ビュッ』と現れ、ボールをかっさらうと、DFを一瞬のうちに置き去りにして、GKと1対1に。「GKが倒れていたので、空いているコースを狙った」という冷静なシュートで、チームに先制点をもたらした。

 この試合における、このゴールの意味合いは非常に大きかった。立ち上がりから高岡第一は堅さからか、本来の繋ぐサッカーがなかなか出来ず、水橋の猛攻にさらされていた。しかし、このワンプレーでその悪い流れを断ち切ると共に、水橋守備陣に『恐怖』を植え付けることが出来た。

 このゴール以降は、水橋もDFラインのボール回しが慎重になったり、ロングボールが増えたりと、リズムを崩してしまった。29分には再び原田のチェイシングにより、ゴール近くでFKを与えるなど、脅威は増大していった。それでも水橋は底力があるチームだけに、一度は同点に追いついたが、リズムを取り戻した高岡第一は後半24分にセットプレーから決勝弾を挙げ、勝利を掴んだ。

「スピードは通用すると思う。だからこそもっとフィジカルや球際を鍛えないと、全国では通用しない。インターハイではもっと技術を磨いて、活躍したい」

 富山第一、水橋に与えた『脅威』を全国でも。原田の決意は固まった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO