2014.05.30

南野がU-19代表に選出、最注目選手の東京V・安西はクラブが「待った」

セレッソ大阪の南野拓実[写真]=白井誠二

 5月29日、UAE遠征と国内での強化合宿を行うU-19日本代表メンバーとして、FW南野拓実(C大阪)ら24名が招集された。6月2日に集合して翌3日に出発。現地ではU-19UAE代表と2度の国際親善試合(6日、8日)を実施する予定となっている。

 さらに9日に帰国後も国内キャンプを実施。11日には横浜FCと、12日には湘南と練習試合を実施するというタフなスケジュールが予定されている。

 W杯によるJ1リーグの中断期間中とあって、W杯代表の最終候補でもあった南野を含めて最強メンバーをそろえられるかとも思われたが、実際はJ2リーグに出場している選手の招集は困難で、DF広瀬陸斗(水戸)、MF松本昌也(大分)、安西幸輝、高木大輔(共に東京V)、FW宮市剛の5名はUAE遠征には不参加となり、10、11日の2日間に限定した合宿参加に留まることとなった。

 今回の招集では初招集となった安西が最注目選手だったが、クラブ側が招集に「待った」をかける格好となった。J2リーグで抜群の働きを見せていたからこその初選出だが、見せていたがゆえの遠征辞退という形だ。

「選手を取っ替え引っ替えするのは好きではない」と広言する鈴木政一監督らしく、秋の最終予選を見据えてコアメンバーを固めた状態での強化を重ねてきたU-19代表だが、この安西、あるいは復帰を果たしたMF青木亮太(名古屋)のように新戦力に対して門戸を閉ざしているわけではない。Jリーグで爆発して目にとまるようなタレントが、さらに出てくることを期待したいところだ。

 世界切符を懸けた秋の“本番”まで残された時間は少ない。本番を除くと、エース南野が参加できる合宿・遠征がほとんどないことも予想されるだけに、この11日間の合宿・遠征は非常に貴重な時間となることは確実。しっかりとチームの基盤を固め、本番に備えてもらいたい。

文=川端暁彦

【U-19日本代表候補メンバー】

▽GK
中村 航輔(柏)
田口 潤人(横浜FMユース)

▽DF
三浦 弦太(清水)
内田 裕斗(G大阪)
内山 裕貴(札幌)
広瀬 陸斗(水戸)
中谷 進之介(柏)
水谷 拓磨(清水ユース)
山口 真司(神戸U-18)
石田 崚真(磐田U-18)

▽MF
望月 嶺臣(名古屋)
松本 昌也(大分)
関根 貴大(浦和)
金子 翔太(清水)
大山 啓輔(大宮)
安西 幸輝(東京V)
小川 直毅(G大阪)
川辺 駿(広島)
高木 大輔(東京V)
青木 亮太(名古屋)

▽FW
南野 拓実(C大阪)
田村 亮介(京都)
越智 大和(産業能率大)
宮市 剛(湘南)
諸岡 佑輔(福岡大)

Jリーグ順位表

C大阪
3pt
札幌
0pt
ベガルタ仙台
0pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る