2014.01.15

U-16女子日本代表山下史華を擁する藤枝順心が3連覇を狙う常盤木と激突 勝負はPK戦へ【高校女子サッカー選手権】

U16女子日本代表の山下史華

文=江橋よしのり

 女子版“冬の選手権”「全日本高校女子サッカー選手権」は2014年1月15日、静岡県磐田市のヤマハスタジアムで準決勝を行った。第二試合では、大会3連覇を狙う常盤木学園(宮城)と地元静岡県勢の藤枝順心が激突。常盤木学園が1-0とリードして迎えたアディショナルタイムに藤枝順心が追いつき、決着はPK戦に持ち込まれた。果たして勝者は……。

 常盤木学園は後半16分、カウンターからDF川崎咲耶(かわさき・さや)が中央をドリブルで突き抜け、最後はMF佐々木美和がフィニッシュ。重たいゴールの扉をようやくこじ開けた。

 一方の藤枝順心はU-17女子代表の要・杉田妃和(すぎた・ひな)を軸にパスをつなぎ、今日が誕生日のFW児野楓香(この・ふうか)が何度か決定機を迎えるも、決めきれないまま時間が過ぎていった。そして土壇場の後半45+3分、途中出場のMF黒崎優香がヘディングで同点ゴールを挙げ、そのままタイムアップの笛を聞いた。

 PK戦は、先攻の常盤木学園が2人外したのに対し、藤枝順心は4人連続で決め、PK戦を4-2で制した。藤枝順心は2006年度以来の優勝を賭け、夏のインターハイ王者・日ノ本学園(兵庫)と対戦する。決勝は1月16日14:20、ヤマハスタジアムでキックオフを迎える。

文=江橋よしのり

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る