2014.01.06

日章学園・菊池禎晃「本当に早稲田監督についてきて良かった」

第92回全国高校サッカー選手権大会の準々決勝が5日に行われ、宮崎県代表の日章学園と富山県代表の富山第一が対戦し、富山第一が4-0で勝利を収めた。

富山第一・大塚一朗監督
「(ここまでの試合で)3点取って、2点返されるパターンだったので、安心はできなかったですね(苦笑)。いつも僕は“試合の流れは自分で作るものだ”と選手たちに言っていて、クリアするべきところをできなかったり、あるいはクリアを外に出しておけばこぼれ球を拾われていなかったのに拾われたり、ああいう自分たちが流れを作らなきゃいけないのに、相手に流れを与えてしまうのが今回の選手権で2試合あったので、反省材料として、そこだけは気をつけようと今日は言っていました」

富山第一・3竹澤昂樹
「まだ国立の実感はしてないんですけど、1週間しっかりトレーニングして、今日少しケガをしたので、治して、準決勝ではしっかり自分のプレーができるように調整したいです。ピッチに立ったら、責任を持って、出れない人の分まで戦うというか、甘いプレーはできないと思ってしっかりやりました」

富山第一・8細木勇人
「(17斎)拓斗がいてくれたのは、でかいです。拓斗が守備的なポジションにいて、自分が自由に動いていけるので。勇気持って自分が前へ行けたので、良かったかなと思います」

富山第一・25西村拓真
「どんどん仕掛けてゴール決めたり、それが自分の長所かなと思います。(国立に立つことは?)うれしいですけど、やっぱり楽しむだけじゃなくて、絶対勝利して、チームで日本一になりたいです」

日章学園・早稲田一男監督
「(相手の富山第一は)隙がないし、もちろん技術も高いチームでした。もうちょっと何とかなるかなと思ったんですけど、前半に1点を取られて浮き足立ったと思います。なかなか決定機も少ないまま、最終的には2点目、3点目のうちのディフェンス間のミスが大きいですね。もうちょっとがんばれたら、チャンスもあったかなと思うんですけど。最初に送り出すときに、前半をゼロでと伝えたことに関して、達成できなかった。相手のフォワード、9番に自由にやられてしまいましたね。何でもないボールをキープされて、守備に帰らなければいけない。あそこも2人いるんだから、1人がつぶれてもいいから、というふうに言ったんですけど、最後まであそこで良い守備ができないまま、終わったような感じですね」

日章学園・8菊池禎晃
「(早稲田監督についてはどんな思いを?)本当に厳しい監督で、お世話になった人で、身近なお父さんという感じで。厳しかったんですけど、最後にロッカールームでは笑顔にしてもらったりして、本当にこの人についてきて良かったなと思います。自分が活躍しなくても、チームが勝ち進めれば良いと思っていたので、チームのために走って、チームのためにつなごうと心がけていたんですけど、やっぱりぼろが出たりとか、もうちょっと努力が足りなかったかなと思いました。チームメイトが疲れてきたときには、自分が打開しないといけないと思って。プラスに考えれば良かったですけど、一歩引いて考えてみると、もうちょっと仲間を信頼して、もっと仲間を使って自分が動けば良かったのかなと、今は考えてます」

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
59pt
福岡
55pt
名古屋
49pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
富山
35pt
沼津
34pt
Jリーグ順位をもっと見る