2014.01.02

接戦を制した市立船橋・朝岡隆蔵監督「まだまだ未熟なところもあった」

第92回全国高校サッカー選手権
二回戦 中津東 0-1 市立船橋 [写真]=鷹羽康博

第92回全国高校サッカー選手権大会の二回戦が2日に行われ、大分県代表の中津東と千葉県代表の市立船橋が対戦し、市立船橋が1-0で勝利を収めた。

市立船橋・朝岡隆蔵監督
「予想していたどおりのゲーム展開でしたが、心のバランスというか、強さとうまさの兼ね合いというか、そういうバランスを欠いたゲームでした。まだまだ未熟なところもあったという印象です。中津東は前線をマンツーマンで付いて、ひょっとしたらサイドバックまで抑えてくるかなと予想し、そのトレーニングはしていたんですけど、まだうまいことをやろうというところが見えたので、もっとダイナミックな試合を展開できればと感じるところはあります。ハーフタイムには厳しい言葉をかけ、強さ、たくましさ、ダイナミックさ、飛び出していく連動性、そういう点を指摘し、その後少しはターゲットの1トップにボールが入るようになりました。セットプレーで点が動くということは考えていたので、この1週間その練習をしてきました。12山之内があの球種を蹴れたのは、その成果だと思います」

市立船橋・12山之内裕太
「フリーキックは僕かマサ(10石田)が蹴るという約束事でした。あのときは、最初にマサが駆け引きをしてくれて、それでGKが少し右にずれたので、ここは自分に蹴らせてくれといいました。コースは甘かったですけど、入ってよかったです。今日は相手が自分たちの長所を消してきて、こういう戦い方はこれからもあると思うんですけど、焦れずにやり続ければ得点が入ると思っていました。セットプレーの練習をしていてよかったです」

中津東・松田雄一監督
「前半はプランどおりで、後半も守備から攻撃にという形で、プランどおり選手が動いてくれて、チャンスも多く作ってくれて、その面では選手がよくやってくれたと思います。警戒していたのは市立船橋の縦パスで、そこから起点になるところをつぶさなければいけないので、プレッシャーとアプローチを徹底して話をしてきました。マンマークで付いたのは選手たちの判断に任せました。スライドするのか、タイトに付いていくのか。5榎木を中心に、彼らの判断に任せました」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
町田
61pt
松本
61pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
43pt
Jリーグ順位をもっと見る