FOLLOW US

ブラジルがL・パケタ弾でチリを撃破!…G・ジェズス一発退場も逃げ切って準決勝へ

チリを下し準決勝へ進んだブラジル [写真]=Getty Images

 コパ・アメリカ2021準々決勝が28日に開催され、ブラジル代表とチリ代表が対戦した。

 コパ・アメリカ準々決勝の舞台で顔を合わせることとなった、グループB首位突破のブラジルとグループA4位通過のチリ。ブラジルは前線にネイマール、ガブリエル・ジェズス、ロベルト・フィルミーノらが並び、チリはアレクシス・サンチェス、エドゥアルド・バルガス、アルトゥーロ・ビダルらが先発に名を連ねた。

 試合は序盤から、ブラジルがボールを握りつつもチリを攻めあぐねる均衡した展開が続く。23分にはネイマールのクロスにフィルミーノが飛び込みビッグチャンスとなるが、これはうまくヒットしきれず。逆にチリは、27分にバルガスが一対一の状況から決定的なチャンスを掴むも、左足で放ったシュートはGKエデルソンに阻まれた。試合はスコアレスのままハーフタイムへと突入する。

 流れを変えたいブラジルは、後半開始からフィルミーノに代えてルーカス・パケタを投入。すると47分、エリア付近でネイマールとL・パケタが浮き球のワンツーを試みると、こぼれたボールをパケタが右足のボレーで叩き込んだ。采配ズバリのブラジルがついに先制に成功する。

 しかしブラジルの試合運びも思い通りにはいかない。先制直後の48分、浮き球のルーズボールに対してG・ジェズスが突っ込むと、上がった足がチリの選手の顔面に入って主審はすぐさまレッドカードを提示。ブラジルが残り40分以上を1人少ない状態で戦うこととなる。

 前半の構図とは打って変わって攻勢を強めたチリは、62分にFKの流れからゴールを揺らすもこれはVARの判定でオフサイドに。70分にはベン・ブレレトンのヘディングシュートがブラジルゴールを脅かすも、エデルソンの好セーブにかき出される。ブラジルはなんとかこれを守りつつ、南米のチームらしく狡猾なプレーで最後まで時計の針を進めた。

 試合はこのまま終了。後半のほとんどを10人で戦い逃げ切ったブラジルは、5日に準決勝でペルー代表と対戦する。

【スコア】
ブラジル代表 1-0 チリ代表

【得点者】
1-0 47分 ルーカス・パケタ(ブラジル代表)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO