FOLLOW US

パラグアイが2発完封勝利で上位突破に前進! 敗れたチリは攻撃に課題

パラグアイ代表がチリ代表を撃破 [写真]=Getty Images

 コパ・アメリカ2021、グループA第4節が24日に行われ、チリ代表とパラグアイ代表が対戦した。

 序盤からボールを支配したのはチリ代表。しかしパラグアイが多くのチャンスを作る。32分にはパラグアイ代表のブライアン・サムディオのヘディングがゴール左隅に吸い込まれて先制点を挙げる。

 パラグアイは前半を枠内シュート0で終え、50分にはアルトゥーロ・ビダルが頭でゴールを狙うも左に外れる。

 すると54分、パラグアイはカルロス・ゴンザレスが競り合いの際にエリア内で倒されPKを獲得。これをミゲル・アルミロンが着実に決めてチリを2点差に突き放した。

 チリ代表は89分、ベン・ブレアトンが角度のないところからシュートを放つ。この日最初の枠内シュートとなったが、このボールはGKにセーブされ、得点とはならない。

 10分を超えるアディショナルタイムが経過した後、試合終了のホイッスルが鳴り、パラグアイ代表が2-0で勝利した。一方のチリ代表はグループステージ最終戦にして攻撃のリズムが掴めない一戦となった。

【スコア】
チリ代表 0-2 パラグアイ代表

【得点者】
0-1 32分 ブライアン・サムディオ(パラグアイ代表)
0-2 79分 ミゲル・アルミロン(パラグアイ代表)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO