FOLLOW US

コロンビア、ベネズエラとスコアレスドロー…シュート23本も1点遠く

内容では圧倒したコロンビア代表は無得点に終わった [写真]=Getty Images

 コパ・アメリカ2021のグループB第2節が17日に行われ、コロンビアはベネズエラと対戦した。

 コロンビアは2分のマテウス・ウリベのシュートを皮切りに、何度も相手ゴールに迫るものの肝心のゴールネットを揺らすことができない。前半には13本ものシュートを放ったものの結局ゴールは決まらず、コロンビアにとってフラストレーションの溜まる前半となった。

 後半開始直後もコーナーキックからジェリー・ミナがヘディングで狙うが枠を捕えられない。その後は交代枠を上手く使いながら、攻撃の手を緩めないコロンビア。荒れ模様となったこの試合は終了間際には途中出場のルイス・ディアスがレッドカードを提示され、スコアレスのまま試合は終了。65パーセントの支配率で8本の枠内シュートを含む23本ものシュートを放ったものの決定力に欠いたコロンビアは、守り切ったベネズエラと勝ち点を痛み分けする結果となった。

 コロンビア代表は次節ペルー代表と、ベネズエラ代表はエクアドルと20日(日本時間21日午前9時、6時)に対戦する。

【試合結果】
コロンビア代表 0-0 ベネズエラ代表

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO