FOLLOW US

G・ジェズス、退場時の振る舞いについて謝罪「子どもたちに謝りたい」

退場時に怒りを露わにしたブラジル代表のガブリエル・ジェズス [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cのブラジル代表FWガブリエル・ジェズスが、自身の行動を謝罪した。ブラジルメディア『globo』が伝えている。

 ブラジル代表は7日に行われたコパ・アメリカ2019・決勝でペルー代表と対戦し、3-1で勝利。4大会ぶり9度目の優勝を成し遂げた。G・ジェズスは先発出場を果たし、1ゴール1アシストを記録。ブラジル代表の優勝に大きく貢献した。

 しかし70分、G・ジェズスは浮き球の競り合いでファウルを取られ、2枚目のイエローカードを受けて退場。G・ジェズスは泣きながら主審に抗議したが、判定は覆らず。怒りを露わにした同選手はボトルケースを蹴り、VARのスクリーンを倒そうとしてピッチを後にした。

 フラストレーションを溜めていたG・ジェズスだが、試合後に後悔と謝罪の言葉を口にした。

「謝罪したい。特に、僕の行動を見た子どもたちに謝りたい。レッドカードの判定は間違っていると思ったから、感情的になってしまった。試合は勝っていたけど、僕の退場が試合を難しくしてしまった」

「僕は自分のクオリティを信頼している。それが僕をここまで押し上げてくれた。批判される時も、称賛される時もある。自分の力だけでは成功できないということを理解し、フィールド上でベストを尽くしていきたい」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA