FOLLOW US

南米サッカー連盟がメッシ発言に反応「根拠のない告発は受け入れられない」

メッシはチリ戦で一発退場処分を受けた [写真]=Getty Images

 コパ・アメリカ2019・3位決定戦のチリ戦で一発退場処分を受けたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの発言に対して、南米サッカー連盟(CONMEBOL)が反応した。7日に、スペインのスポーツ紙『マルカ』が報じている。

 メッシとチリ代表主将のガリー・メデルが一触即発の状態となったのは、37分のことだった。球際の競り合いのなかでメッシがメデルを突き飛ばすと、メデルも応戦。両者が詰め寄り、チームメイトに引き離される事態となった。すると主審は、両者にレッドカードを提示。当事者2人は多くの試合時間を残して、ピッチを後にすることになった。

 最終的にアルゼンチンは2-1でチリを下して3位に輝いたものの、怒りが収まらないメッシは表彰式を欠席。「僕たちは、この大会の汚職の一部になる必要はない。(CONMEBOLは)僕らに対するリスペクトが欠けている。決勝戦では、ビデオ・アシスタント・レフェリーと主審が余計なことをしないよう願っているよ」と発言していた。

 すると、CONMEBOLもメッシの発言にすぐさま反応。「ときには勝ち、そしてときには負ける。それがサッカーだ。選手たちはフェアプレー精神をもって、結果を受け入れるべき。こうした不当な非難は、プロフェッショナルとして働いてきたCONMEBOLの人々に対する敬意の欠如を表している。根拠のない告発を、受け入れることはできない」と声明を発表している。

 ブラジルが4大会ぶり9度目の優勝を果たし、コパ・アメリカは幕を下ろした。だが、メッシとCONMEBOLによる“場外戦”は、まだ少し尾を引くことになるかもしれない。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA