2016.06.25

左腕骨折のラベッシ、手術は成功…コパ準決勝でアクシデント

ラベッシ
不運なアクシデントで負傷したラベッシ [写真]=LatinContent/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシ(河北華夏)が左腕の手術を受け、成功した。24日付のアルゼンチン紙『ラ・ナシオン』が報じている。

 ラベッシは21日に行われたコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016の準決勝アメリカ戦で負傷。味方からのロングパスをヘディングで受けようとした際にピッチ外の看板に激突し、裏側に落下した。左腕を骨折し、チームを離れている。

 同紙によれば24日、ラベッシがニューヨークで手術を受け、成功したという。術後の状態も良好で、回復に向けて新たなスタートを切ったようだ。

 準決勝を突破したアルゼンチン代表は、26日にチリ代表との決勝戦を控えている。出場することができないラベッシのためにも、チームメートの奮起に期待がかかるところだ。


欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る