2016.06.22

コロンビアの英雄がチリを警戒「以前のレベルに戻りつつある」

カルロス・バルデラマ
コロンビアの伝説的選手であるバルデラマ氏 [写真]=LatinContent/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元コロンビア代表MFで、同国の国民的英雄であるカルロス・バルデラマ氏が、コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016準決勝でコロンビアが対戦するチリ代表への警戒心を語った。チリ『ラ・ナシオン』紙の電子版が報じている。

 バルデラマ氏はチリについて「確固たる基盤があり、ここ数試合で状態はかなり良くなっている」と分析。このように続け、警戒心を強めた。

「グループステージでボリビア、パナマに勝利したことにより、より強力なチームへと仕上がっている。現在の南米王者であり、どんな相手と対峙しても難敵であり続ける。大会開幕当初は少し難しい状況だったが、今ではかつての強さを取り戻している」

 また、元同国代表GKのオスカル・コルドバ氏もチリ戦の難しさを認めている。

「ボール奪取を企てる時のチリの迫力は実に印象的だ。全員が良く走り、決して守りに入ることがない。もしコロンビアに彼らの動きを見抜く力があり、このプレッシングをかいくぐる技術力があれば、素晴らしい試合になるだろう」


欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る