FOLLOW US

コパ・アメリカ、18試合で合計50得点到達…ベストゴールを決めたのは?

コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016のトロフィー [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016では、開幕から18試合が経過した時点で計50のゴールが生まれた。(現在は現地12日の日程が終了した時点で20試合55得点)

 コロンビアのニュースサイト『エル・コロンビアーノ・プント・コム』では、これまでに生まれた50ゴールのうち、同サイト認定のトップ5を紹介している。

第5位
リオネル・メッシ(アルゼンチン代表、対パナマ戦)

メッシ

メッシは10日のパナマ戦で78分に自身2点目をFKで奪った [写真]=LatinContent/Getty Images


「パナマ戦でハットトリックを決めたメッシ。そのうち2点目となった直接FKが5位にランクインした。ペナルティーエリアのわずかに外側から、壁の上を越えてゴール右隅に決まったこのゴールに、パナマの守護神ハイメ・ペネドはなすすべがなかった」

第4位
サロモン・ロンドン(ベネズエラ代表、対ウルグアイ戦)

S・ロンドン

S・ロンドンは9日のウルグアイ戦で36分に決勝ゴールを挙げた [写真]=Getty Images


「ベネズエラのセンターフォワードはロングシュートの跳ね返りに反応し、相手GKフェルナンド・ムスレラの動きをよく見て完璧なシュートを決めた。最初にロングシュートを放ったアレハンドロ・ゲラの判断力も評価に値する」

第3位
ビクトル・アジャラ(パラグアイ代表、対コロンビア戦)

V・アジャラ

V・アジャラ(中央)は7日のコロンビア戦で71分にゴールを挙げた [写真]=Getty Images


「パラグアイ代表が今大会で決めた唯一のシュートだったが、ポテンシャルの高さを感じさせるものだった。ミドルレンジから放たれた強烈な一撃は、コロンビアの守護神ダビド・オスピナも反応できないほどの威力だった」

第2位
ヨアン・ベネガス(コスタリカ代表、対コロンビア戦)

ベネガス

ベネガス(右)は11日のコロンビア戦で開始2分に先制点を挙げた [写真]=LatinContent/Getty Images


「ペナルティーエリア付近でボールをコントロールしたベネガスは、ゴール右隅を狙ってカーブをかけたキックを放ち、GKロビンソン・サパタの牙城を切り崩した。開始わずか2分に決められたこのゴールは、現時点での今大会最速ゴールである」

第1位
ジャスマニ・カンポス(ボリビア代表、対チリ戦)

カンポス

カンポスは10日のチリ戦で61分に同点ゴールを挙げた [写真]=LatinContent/Getty Images


「カンポスが得意の左足で決めた直接FKが栄えある第1位。やや距離はあったが、大きな弧を描いたボールは正確にゴールマウスを捉え、相手GKクラウディオ・ブラボを無力化した」

 以上が上位5つにランキングされた得点シーン。いずれ劣らぬファインゴールばかりだ。決勝までに、これらを上回るスーパーゴールを見ることはできるだろうか。

SHARE



LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO