2016.06.10

決勝T進出決定のコロンビア、最終節はターンオーバーで主力温存か

コロンビア
7日にパラグアイ代表と対戦したコロンビア代表の先発メンバー [写真]=LatinContent/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016で開幕2連勝を飾り、早々に決勝トーナメント進出を決めたコロンビア代表。11日にグループステージ最終節のコスタリカ代表戦を控えているが、ホセ・ペケルマン監督はターンオーバーを採用し、主力選手を休ませるのではないかと見られている。コロンビアのニュースサイト『エル・コロンビアーノ』が報じた。

 同サイトによると、コスタリカ戦ではGKクリスティアン・ボニーラ、DFはステファン・メディーナ、ジェリー・ミナ、フェリペ・アギラール、フランク・ファブラ、中盤はカルロス・サンチェス、ギジェルモ・セリス、アンドレス・フィリペ・ロア、マルロス・モレノ、FWはダイロ・モレノ、ロヘル・マルティネスと、これまでとはガラリと変えた布陣で挑む可能性があるという。

 ペケルマン監督は、第1節のアメリカ代表戦で左肩を負傷しながら、第2節のパラグアイ代表戦にも出場したMFハメス・ロドリゲスを先発起用することも考えられるが、元コロンビア代表FWのアルノルド・イグアラン氏は次のように警鐘を鳴らしている。

「すでに決勝トーナメント進出を決めているのだから、これ以上、体力を消耗したり、ケガを悪化させる危険にさらす必要はない。ペケルマン監督は、決勝トーナメントに100パーセントのコンディションで臨むことを最優先させるべきだ」


欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る