FOLLOW US

“黄金世代”のジョー・アレン、ウェールズ代表引退を発表「忘れられない経験がたくさんある」

2023.02.08

ウェールズ代表としてのアレンにとってはカタールW杯が最後の大舞台となった [写真]=Getty Images

 スウォンジーに所属しているジョー・アレンが7日、ウェールズ代表からの引退を表明した。

 現在32歳のアレンは2009年5月にウェールズ代表デビューを飾った。2012年夏にリヴァプールへの完全移籍を果たして以降はウェールズ代表の欠かせない主軸に定着。ガレス・ベイルアーロン・ラムジー(ニース)と共にウェールズ代表の“黄金期”を築き上げた。母国をEURO初出場へと導いただけでなく、EURO2016では全6試合にスタメン出場して準決勝進出に貢献。FIFAワールドカップカタール2022でも2試合のピッチに立った。10年以上にわたってウェールズ代表のユニフォームを身に纏い、これまでに通算74試合出場2得点を記録した。

 アレンの代表引退に際し、ウェールズサッカー協会(FAW)は同選手のコメントを伝えている。

「ウェールズ代表としてプレーすることは、僕の人生において大きな情熱と愛情を伴うことだった。僕は非常に幸せ者だ。ここまでの旅を信じらないような人々と分かち合うことができた。家族、チームメイト、スタッフ、そしてファンの皆さんのおかげで特別なものになったんだ。皆さんに非常に感謝している」

「国民の皆さんの応援は感動的で、このユニフォームを着ることに計り知れないほどの大きな誇りを与えてくれた。忘れられない経験がたくさんある。残念ながら時間とケガが影響して、次の世代に道を譲る時が来た。ウェールズサッカー界の未来は明るいと確信しているよ」

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングなど、サッカーにまつわるあらゆる情報を提供している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

SOCCERKING VIDEO