FOLLOW US

ラファ・シルヴァ、29歳でポルトガル代表引退へ…”個人的な理由”により

9月のUNLに臨む代表メンバーにも選出されていたラファ・シルヴァ [写真]=Getty Images

 ポルトガルサッカー連盟(FPF)は19日、ベンフィカに所属するFWラファ・シルヴァの同国代表からの引退を発表した。

 FPFの発表によると、ラファ・シルヴァは現地時間19日にポルトガル代表のフェルナンド・サントス監督とFPFに対し、代表でのプレーを続ける意思がないことを伝達したという。代表引退の理由については”個人的な理由”だとされている。FPFは同選手の意思を尊重し、代表引退の申し出を受け入れたという。

 FPFはラファ・シルヴァの代表引退を受け、次のような声明を発表している。

「FPF理事会は、EURO2016優勝とUEFAネーションズリーグ(UNL)優勝という代表チームの2つの偉大な功績を共に経験したラファ・シルヴァの決断を尊重します。彼に対して感謝の意を表します。彼は永遠に私たちの仲間です」

 また、ラファ・シルヴァ本人は所属するベンフィカのクラブ公式サイトを通じて次のようなコメントを発表した。

「僕は今日(19日)、フェルナンド・サントス監督とFPFに対し、代表チームでプレーすることはできないと伝えた。これはキャリアのこの時点において正しい決断だと思っているよ。”個人的な理由”であることをみんなには理解して欲しいし、尊重してほしい」

「僕はポルトガル代表として40試合(U-20、U-21含め)に出場したし、EURO2016やUNLの優勝にも力を貸すことができた。これからもずっと最前列で代表チームを応援し続けるよ。UNLやワールドカップで代表チームがすべてのポルトガル人に喜びを与えてくれると確信している」
 
 現在29歳のラファ・シルヴァは2016-17シーズンからベンフィカでプレー。同クラブでは攻撃の主軸として活躍しており、ここまで公式戦通算239試合に出場し64ゴール54アシストを記録している。2014年3月にデビューを飾ったポルトガル代表では公式戦通算25試合に出場。欧州屈指のタレント軍団である同国代表では、絶対的な地位を築くことはできなかったものの、FIFAワールドカップブラジル2014やEURO2016、EURO2020などの大舞台も経験した。

 なお、同選手は先日発表された9月のUNLに臨むポルトガル代表メンバーにも選出されていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO