FOLLOW US

アトレティコは契約延長オファーも…ヴルサリコ、オリンピアコスへの完全移籍が決定

ヴルサリコがオリンピアコスへ完全移籍 [写真]=Getty Images

 オリンピアコスは2日、クロアチア代表DFシメ・ヴルサリコを完全移籍で獲得したことを発表した。

 2021-22シーズン限りでアトレティコ・マドリードとの契約が満了となることを受けて、ヴルサリコは新天地にギリシャの強豪を選んだ。フリー移籍のため移籍金は発生しておらず、契約期間は2025年夏までの3年間となっている。

 アトレティコ・マドリードはヴルサリコに対して新契約のオファーを提示したものの、条件面は低水準だと伝えられていた。ヴルサリコ自身は11月に開幕する2022FIFAワールドカップカタールを見据え、安定した出場機会を求めて移籍を決意。新天地のオリンピアコスはギリシャ・スーパーリーグ3連覇中の強豪で、新シーズンはチャンピオンズリーグに予選から参戦する。

 ヴルサリコは1992年1月10日生まれの現在30歳。2016年夏にサッスオーロからアトレティコ・マドリードへと加入した。右サイドバックを主戦場として初年度から公式戦で25試合に出場し1ゴールを記録したものの、シーズン後半戦は負傷の影響で離脱することに。その後はインテルへのレンタル移籍も経験。同期間を除くと、アトレティコ・マドリードに5シーズン在籍し、公式戦通算で100試合出場3ゴールを記録した。

 アトレティコ・マドリードからの退団に際し、ヴルサリコは自身の公式Instagramを更新。「アトレティコ・マドリードファミリーのみんなへ。ありがとう。皆がこの5年間僕にくれた熱意を一生忘れないよ。アウパ・アトレティ!」とメッセージを発した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO