FOLLOW US

鹿島の日本代表FW上田綺世、W杯前に欧州へ…サークル・ブルッヘとクラブ間合意!

上田綺世のサークル・ブルッヘ加入が決定 [写真]=Getty Images

 鹿島アントラーズは7月1日、日本代表FW上田綺世がベルギー1部のサークル・ブルッヘに完全移籍することでクラブ間の基本合意に達したことを発表した。

 今後は7月2日に離日し、メディカルチェックなどを経て正式契約が結ばれる予定となっている。なお、ベルギーメディア『Nieuwsblad』によると、サークル・ブルッヘが鹿島に支払う移籍金は100万ユーロ(約1億4000万円)以上になる模様だ。

 発表に際し、上田は鹿島のクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「このたび、サークル・ブルージュKSVへ移籍することになりました。世界を見渡した時に決して若いとは言えない自分が、プロサッカー選手として新しい環境に身を置き、成長したいという思いから、この決断をしました。シーズン途中でチームを離れることの意味は、理解しています。決めた以上、結果で示していくしかないことも分かっています。ともに戦った選手、スタッフ、ファン・サポーター、パートナー、地域の方々、すべてのアントラーズファミリーに対し、感謝の思いしかありません。勝利のために必要なプレーを追求していくという、自分が考えるフットボールの本質と向き合い、一瞬一瞬を大切にして、この先も戦っていきます。応援、ありがとうございました」

 1998年8月28日生まれの上田は、鹿島アントラーズノルテ(ジュニアユース)、鹿島学園高校を経て、法政大学に進学。2019シーズン途中に法政大サッカー部を退部し、2021年からの加入が内定していた鹿島に前倒しで加入した。ここまで公式戦通算104試合に出場し、47ゴールを記録。4年目の今季は、明治安田生命J1リーグ第18節終了時点で得点ランクトップの10ゴールを挙げている。

 世代別の日本代表でもエースとして活躍し、2019年6月のコパ・アメリカ2019でA代表デビュー。2021年夏にはU-24日本代表の一員として東京オリンピックに参加した。A代表ではここまで9キャップを記録。今年11月から開幕するFIFAワールドカップカタール2022の最終メンバー入りに向けて、ベルギーをアピールの舞台に選んだ

 サークル・ブルッヘは1899年に創設され、3度の1部リーグ優勝、2度の国内カップ優勝を誇る古豪。過去には元鹿島のDF植田直通(現ニーム/フランス2部)も所属していた。なお、日本代表FW南野拓実が加入するフランス1部モナコとは姉妹クラブの関係にある。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO