FOLLOW US

ローマがザニオーロのハットで逆転4強!レスターは敵地で逆転勝ち/ECL準々決勝セカンドレグ

2022.04.15

 ヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)の準々決勝セカンドレグが14日、欧州各地で開催した。

 グループステージの再戦となったローマ(イタリア)とボデ・グリムト(ノルウェー)の一戦は、ファーストレグで敗戦を喫したローマがホームで意地を見せる。立ち上がりの5分、ショートコーナーからゴール前に送られたクロスをGKが弾くと、これをタミー・アブラハムが押し込んで2戦合計スコアをタイに戻すことに成功した。

 勢いに乗るローマは24分、ボックス中央でパスを受けたニコロ・ザニオーロが冷静にシュートを流し込んで2-0とし、2戦合計スコアでもリード。さらに29分、カウンターからニコラ・ザレフスキがボールを持ち上がり、またしてもボックス中央でパスを受けたザニオーロがゴールネットを揺らす。ザニオーロは49分にもゴールを決めてハットトリックを達成し、4-0の勝利に貢献。ローマが逆転でのベスト4進出を決めた。

 また、堂安律が所属するPSV(オランダ)は本拠地でレスター・シティと対戦。27分に高い位置でのボール奪取からボックス右でパスを受けたエラン・ザハヴィがシュートを流し込んでPSVが先制した。しかし、77分にアジョセ・ペレスの折り返しにジェームズ・マディソンが合わせ、レスターが試合を振り出しに戻す。

 すると延長戦も現実味を帯びてきた88分、左サイドの連係からボックス左でパスを受けたアデモラ・ルックマンが折り返したボールをパトソン・ダカが狙うが、これはGKがセーブ。しかし、こぼれ球をリカルド・ペレイラが流し込み、レスターが土壇場で逆転に成功し、4強へ。ベンチスタートとなったPSVの堂安は82分からの出場となった。

 そのほか、セカンドレグの結果と、準決勝の対戦カードは以下の通り。なお、準決勝ファーストレグは今月28日に行われる。

■ECL準々決勝セカンドレグ
PSV(オランダ) 1-2(2戦合計:1-2) レスター(イングランド)
ローマ(イタリア) 4-0(2戦合計:5-2) ボデ・グリムト(ノルウェー)
スラヴィア・プラハ(チェコ) 1-3(2戦合計:4-6) フェイエノールト(オランダ)
PAOK(ギリシャ) 0-1(2戦合計:1-3) マルセイユ(フランス)

■ECL準決勝
レスター(イングランド)- ローマ(イタリア)
フェイエノールト(オランダ)- マルセイユ(フランス)

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO