FOLLOW US

欧州王者イタリアが敗退…2大会連続W杯逃す 北マケドニア、ポルトガル、ウェールズ、スウェーデンがPO決勝へ/W杯欧州予選

2022.03.25

北マケドニア、ポルトガル、ウェールズ、スウェーデンが勝利 [写真]=Getty Images

 FIFAワールドカップカタール2022のヨーロッパ予選プレーオフが24日、各地で行われた。

 すでに10カ国の本大会出場が決まっているヨーロッパ。残る出場国3枠は、10組に分かれて行われた予選の各組2位にUEFAネーションズリーグの上位2カ国を加えた計12カ国で争う。3つのトーナメントに4カ国ずつがわかれ、それぞれの勝者が本大会出場権を手にする形となっていたが、ロシアのウクライナ侵攻の影響で、ロシアは出場禁止に。またウクライナも情勢を鑑みて、スコットランド戦が延期となったため、計4試合開催となった。

 注目はポルトガルとイタリアが同組となったPath C。ポルトガルはトルコと対戦となり、15分にベルナルド・シルヴァのミドルシュートのこぼれをオタヴィオがつめて先制し、42分にもオタヴィオのクロスからディオゴ・ジョッタがヘディングで決めてリードを広げる。トルコは65分にブラク・ユルマズのゴールで1点差とすると、85分にはPKを獲得。ユルマズがキッカーを務めたが、枠を大きく外れ、絶好機を逃した。ポルトガルは終了間際にも1点を追加して、プレーオフ決勝へ駒を進めた。

 一方のイタリアは北マケドニアと対戦。30本のシュートを浴びせるが、ゴールが遠く、時間が経過する。すると後半アディショナルタイム92分、北マケドニアのアレクサンダル・トライコフスキが値千金のミドルシュートを決めて、先制に成功。このまま勝ち切り、金星を挙げて29日のポルトガルとの決戦に向かう。ユーロ王者のイタリアだったが敗退が決定し、W杯は2大会連続で出場を逃すことになった。

 Path Aのウェールズは25分にギャレス・ベイルがFKを直接決めて先制。51分にもベイルが加点すると、オーストリアの反撃を65分のマルセル・ザビッツァーのミドルシュートから生まれたオウンゴールの1点に抑え、2-1で勝利した。スコットランドvsウクライナが延期となっているため、6月にプレーオフ決勝が行われる見込みとなっている。

 Path Bのスウェーデンとチェコの一戦はスコアレスで延長に突入。なかなか均衡が崩れなかったが、延長後半に入って110分、ホームのスウェーデンはアレクサンデル・イサクとのワンツーから途中出場のロビン・クアイソンが決めて待望の得点を挙げる。これが決勝点となり、スウェーデンがポーランドの待つプレーオフ決勝へと進んだ。

【Path A】
ウェールズ 2-1 オーストリア
スコットランド 延期 ウクライナ(6月予定)
<決勝>
ウェールズ vs スコットランドorウクライナ(6月予定)

【Path B】
ロシア 中止 ポーランド
スウェーデン 1-0(延長) チェコ
<決勝>
ポーランド vs スウェーデン(3月29日)

【Path C】
ポルトガル 3-1 トルコ
イタリア 0-1 北マケドニア
<決勝>
ポルトガル vs 北マケドニア(3月29日)

 なお、ヨーロッパ予選からは各組首位通過でドイツ、デンマーク、フランス、ベルギー、クロアチア、スペイン、セルビア、イングランド、スイス、オランダの10カ国が本大会出場を決めている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO