FOLLOW US

清水、日本代表GK権田修一の完全移籍加入を発表「覚悟を持って…」

完全移籍となった権田修一 [写真]=小林渓太

 清水エスパルスは23日、ポルティモネンセ(プリメイラ・リーガ/ポルトガル1部)から期限付き移籍で加入していた日本代表GK権田修一が、完全移籍で加入することを発表した。

 権田は1989年生まれの現在32歳。FC東京U-18から2007年にトップチームへ昇格し、プロキャリアをスタートさせた。2016年1月にはSVホルン(オーストリア2部)へ期限付き移籍し、2017年1月まで所属。同14日にFC東京との契約を両者合意の下で解除し、ヨーロッパでの移籍を模索したものの、移籍先が見つからず、同2月にサガン鳥栖へ完全移籍した。そして、2019年1月にポルティモネンセへ完全移籍で加入。昨年12月に清水への期限付き移籍が発表され、今シーズンは明治安田生命J1リーグで全38試合にフル出場し、14位でJ1残留を果たしたチームに貢献した。

 完全移籍となった権田は清水のクラブ公式サイトで「覚悟を持ってエスパルスでプレーすることを決断しました。エスパルス30周年の2022年が強いエスパルスのスタートの年になる為に日々全力を尽くします」とコメントを発表している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO