FOLLOW US

インテル退団のエリクセン、「すでに4クラブから問い合わせ」…代理人が明かす

他国でプレー続行を望むエリクセン [写真]=Getty Images

 先日にインテルを退団したデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンの代理人が、同選手の将来について語った。20日、イタリアメディア『スカイスポーツ』が伝えた。

 エリクセンは今夏、デンマーク代表の一員としてEURO2020に参加。しかし、6月12日に行われたグループB第1節フィンランド代表戦の43分に突然意識を失って倒れ込み、ピッチ上で心臓マッサージなどの救命処置を受けて病院に搬送された。同選手は数日間入院し、植え込み型除細動器(ICD)の装着手術を受けて退院した。

 現役続行を望むエリクセンは、今月から個人でのトレーニングを再開していた。しかし、ICD装着状態ではイタリアでのプレーが認められないため、17日に双方合意でインテルとの契約を解消していた。

 そんななか、エリクセンの代理人を務めるマルティン・ショーツ氏が同選手の将来に言及。同氏はデンマーク紙『Ekstra Bladet』に対し、「彼にピッチ場での未来が残されていることを願っている。すでに4クラブから彼の状況についての問い合わせが来ている」と明かした。

また、同氏は「クリスティアンはミラノで練習を続けることを望んでいる。彼と彼の家族が住んでいるからね。彼の調子はよく、フィジカル面でも非常に良好なフィードバックを受け取っている。ピッチへの復帰を祈ったり、夢見たりする理由はない」と、エリクセンのコンディションが整っていることを強調した。

 現在29歳のエリクセンは2010年にアヤックスでデビューを果たし、2013年夏にトッテナムへと完全移籍。2020年1月からインテルでプレーしていた。古巣のアヤックスやトッテナムがエリクセンの獲得に動くのではないかとも報じられているが、同選手の将来は果たしてどのようなものになるのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO