FOLLOW US

神戸FW古橋亨梧が完全移籍へ! セルティックとの基本合意を発表

セルティックへの完全移籍が決定した古橋 [写真]=Getty Images

 ヴィッセル神戸は16日、日本代表FW古橋亨梧がスコティッシュ・プレミアシップ(スコットランド1部)のセルティックへ完全移籍することでクラブ間での基本合意に達したことを発表した。今後は現地でのメディカルチェック等を経て、正式契約を結ぶ予定となっている。

 現在26歳の古橋は興國高校、中央大学を経て、2017年にFC岐阜に加入し、2018年8月に神戸に完全移籍で加入した。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグで20試合の出場で14得点を挙げ、得点ランキングで首位に立っている。また、2019年11月に日本代表デビューを果たし、これまで6試合の出場で3ゴール2アシストを記録している。

 セルティックは1887年に設立され、国内51回のリーグ優勝を誇る名門。かつては元日本代表MF中村俊輔が所属したことでも知られている。2020-21シーズンは宿敵レンジャーズに圧倒的な差をつけられ、リーグ10連覇を逃した。今年6月には横浜F・マリノスを率いていたアンジェ・ポステコグルー監督が新指揮官に就任している。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO